« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015/07/24

自己愛 横浜セラピー

Photo_8

山手西洋館エリスマン邸の生プリン、卵黄1個、カラメルソース、ブランマンジェが層になっていて口の中でプリン化!

大阪から羽田空港へ、そのまますぐ中国武術の全国大会観戦へ。
佐藤直子先生が女子太極拳で初優勝し、世界選手権代表に決定!

師匠なのに、観客席までお母様とわざわざ挨拶にいらっしゃり
お互いに正座をして泣きながら頭を下げ合う。
「こいついったい何者なんだ。。。」という周囲の視線を痛いほどに感じましたが(笑)
単なる教え子で、先生がものすごく謙虚なだけなのでした^^;

太極拳が東京オリンピックの正式種目選考の最終候補に残ったそうでカメラもたくさん。
このタイミングで代表に選出された先生は、やはりいろんなミッションがあるのでしょうね。

そして翌朝。
いつものように山下公園の風を感じながら早朝太極拳をしていると
戻ってきたんだなーとじわじわ感じます。
ただみんなと太極拳をするだけですが、この場に無事来られることがただうれしい。

Photo_7

7月21日はここ数ヶ月取り組んでいた舞台へ。
みなとみらいホールという最高の施設で、オーケストラとともに歌う。
まぁー、こんな機会はもうないでしょうね。

マエストロなる職業で指揮者をしている方と初めて共演することができ
練習とリハーサルでは
まぁー、ボロカスに注意されましたが(笑)
それでもやはりプロの技術に触れることができて心が震えました。

いつものごとく誘われるままに流されましたが、
中華街の中にまたひとつ居場所ができたことがうれしい。

頭が忙しい日々を過ごしたので、しばらくぶりに山手西洋館へ。
やはりここにくると、軌道修正される。
ただゆるめばいいと思い出せる。
わたしにとってはセンタリングできる場所。
そばにあることがうれしい。

だれかの価値観ではなく自分にとってのうれしいことで
自分の心と身体と時間と空間を満たすこと。
それが今のわたしにとっての自己愛です^^


Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

自己愛 大阪セラピー

Photo_2

関東の人にはなかなか信じてもらえない(あるはずがないと笑)、紅生姜の天ぷら。15cm×4cmくらいのサイズ

どこかで書いたかもしれませんが、わたしは大阪で生まれ26歳まで大阪で過ごしました。
住んでいるときは気づかなかったけれど、大阪というのは本当にコテコテで、上京したてのころは、帰省する度に理由のわからない疲れがどっと出ていました。

できることなら実家の家族と会うときも、
京都の旅館にいっしょに行ったり、大阪滞在時間をできるだけ短くしていたのですが
今度ばかりは母親が手術することになり、がっつりと大阪入りすることになったのでした。

思えば大阪で過ごした時期は、両親の価値観や育った環境の影響もあって
他者に尽くすことや社会に貢献すること。
それがひいては自分の幸せになる

と考えてきたような気がします。

しかし、わたし自身の変遷から2001年あたりから生き方が変わり
(それでも7、8年はじたばたしていたと思います^^;)
2010年ころから明確に価値観が変わり
まず自分自身が幸せであること。
リラックスして人生を楽しんでいること。
それがひいては全体の幸せになる。

そんな時間を十分に過ごしてきたような気がします。

両方の時間を過ごしてみて今思うのは、
どちらも正しいし、どちらでもいいということ。
ただ、そのバランスが偏ったとき問題が起きる。
軌道修正する出来事がちゃんと起きること。

だからその時々で自分を信じて選択していけばいい。
目の前で展開している出来事の向こう側を見ていけばいい。

Photo_3

母親の手術。
そんなわけで今回は、どれだけわたし自身がいい感じの心身状態で接するか。
いい感じでいるために、今できることをする。今までしなかったことも許可する。
そんな風にしてみたいと感じたので、
一人なのにスイートルームに連泊しました。
大好きな韓国料理をもりもり食べました。
朝夕に大阪ディープタウンを探検してみました。わはは。

するとどんなに病院で疲れても、翌朝には回復するんですね!
この早さには驚きました。環境と食事のエネルギーたるや
心に余裕があるので「話していると落ち着いてくる」と勝手に安心してくれる。
体力があるので「帰宅したときくつろいでもらおう」と思いつき
実家の大掃除とあれこれ購入してホテルライクなアレンジまでできる。
(わたしは掃除とインテリアが大好き)

以前なら献身的に介護して同じ気持ちになって寄り添うことが愛情だと感じていました。
必死でハラハラするのも家族だからこそ、と。
しかしこれは余裕がなかったのも事実。

どちらが母にとってもわたしにとっても幸せなのか。
いちばん身近な家族をこういう視点から考えることができたのは
わたしにとって大きな一歩になりました。





じつはこんな不思議なこともありました。
大阪滞在最終日に、鶴橋の焼肉で有終の美を飾るかと思いたち
電車に乗ると、急に大学時代によく利用した京阪電車を思い出し乗り換え。
車中で改めて沿線に美味しい韓国料理がないかと検索していると
これまた急に20年前に亡くなった父の実家(現在は駐車場になっています)に寄りたくなり、下車。

道を覚えているか不安になりましたが、改札を出ると昭和のまま!
自然に足が進みます。全然変わってないなーとしばらく町をさまよい
いよいよ実家にさしかかる路地に入った途端、
ものすごい早さで父の記憶が蘇りみるみる涙が溢れ号泣してしまったのです。

本当に何も考えていなかったのですが、どうにもこうにも涙が止まらない!
幸いなことに、大きなおばちゃんサンバイザーをかぶっていたので
目深にかぶり直し、感情の赴くままに泣きながら歩きました。

やがて父のことが健気に生きた人生だったなと心から愛しくなり(生前は犬猿の仲!)
するとまたまた涙が溢れ、しまいには公園のベンチに座っておもう存分泣きました(笑)

うわー、号泣したのなんていつぶり?
記憶にないくらい?
とどこかで冷静ながらも、身体はすっかり緊張がとけてリラックス。気分爽快。
もしかして、妻を看病してくれてありがとう、と父が引き寄せたのかなぁと感じました。


とにもかくにも、今、自分が大阪を好きになり、
またすぐにでも行きたい(食べたい)
また今回のことを再体験してもいいと思っているのが最大に不思議です。



Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

2015/07/01

2015年8月のレンタルセッションルーム受付

Photo_2

7月1日、下半期がはじまりましたね。
あっという間にまた年末になってしまそうなので^^;
ふつうの一日一日を愛おしんで楽しんで過ごしたいと思います!

さて、8月のレンタルセッションルームの受付を開始いたしました。

【お知らせflair
2階のオーブンレンジが新しくなりました。
取扱い説明書もご用意しておりますが、
パン作りや料理など、専門的にお使いになる場合は
事前にチェックされるとよいかもしれません。
どうぞご活用くださいね。


★パナソニックビストロ NE-BS651

Nebs651w_2


■ご登録について

自宅(3階建て/1-2階部分)を開放して行っているため
ご利用様同士、および私どものセキュリティ向上のため
初回ご利用前に、登録をお願いしております。


■ご登録日時

毎週火曜日の10:00~22:00
ご都合がよい日時を必ず2-3候補ピックアップください。
3日以内に調整し、ご来院日をお知らせいたします。


■ご登録について必要なもの

公的機関発行の身分証明書。
登録料は必要ございません。


■ご登録の申請はこちらから
http://medicalyuuki.com/room_request.html




■ご利用時間について

月~金曜日、祭日

9:30~19:30(大きな音が立たない場合は、21:00まで)

■ご利用料金について

1時間単位(2時間~)でお受けします。
1階 1300円/1時間
2階 2000円/1時間
事前振込制


■その他
1回に最大9名様まで、
10名様以上の場合、
もしくは商用撮影でのご利用時は全館貸切とさせていただきます。
(携帯カメラ等で個人的にお使いになるものについては該当しません)





■ご予約について
登録終了後、ご利用になりたい日時が決まりましたら、
フォーム

http://medicalyuuki.com/room_request.html

もしくはメールにて
info@medicalyuuki.com


セッションの内容(アロマトリートメント、カウンセリング等)、
ご利用人数を明記してお申し込みください。
可能な場合は、ご案内メールをお送りいたします。
不可の場合は、代案を二案ほどご提示いたします。



■部屋のイメージやこれまでのご利用の例(本ブログより)
http://rakuanmedicalyuuki.cocolog-nifty.com/blog/cat42253205/index.html
http://medicalyuuki.com/room.html


ご縁のある方にお会いできることを楽しみにしております^^


Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしご

|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »