« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015/05/28

久しぶりのカドベヤ

Photo_2

火曜日は本当に久しぶりにご近所のカドベヤに伺いました。

昨年はお休みしていたのですが、
その間にほぼ毎回参加してくれていたOさんとNちゃんが星になってしまいました。

ふたりとも、会っただけでこんなに喜んでくれる人っているのかな?と思うくらい
会うたびにそばに来て「うれしい」と全身で表現してくれて
面倒くさいと感じたこともあったけれど、やはりわたしもうれしかったのでした。

そんな「カドベヤ」にとっても深い悲しみを乗り越えた後だからなのか
どこかしらスッキリとしていて
少しのことでは揺るがない立派な「居場所」になっていることをまずは感じました。

今回伺ったのは、かねてから依頼してくださっていた
太極拳の案内人をするためでした。

鍼灸や心理学のワークショップは10回程度させていただいたのですが
太極拳はわたし自身が勉強中なので辞退し続けつつも
なんだかんだと横山先生のお顔を見てると引き受けてしまったのでした。

しかし、フタを開けてみると、今までやったどの回よりも楽しかったという!

運営サイドにいながら案内人をしていたときは
「カドベヤにとって必要なことは何か」
「何かひとつでも持って帰っていただけるように」
「少しでも元気になれるように」
「今できるベストを尽くそう」
などなど、思っていた気がします。

もちろん、これらはよいことでおそらく正しい。

しかし、休んでいる間に気づいたのです。
みんながうれしいのはそこだけではない、ということに。
わたしが全部するのではなく、助けてもらえばいい、任せればいい。
ただ一緒にいる、それだけでいいということに。


そんな理由で、まだまだ下手くそな太極拳なのに、NO準備(笑)
みんなもやっぱり下手くそで
たくさん動き、たくさん「わかんない!」と騒ぎ、たくさん汗をかき
夢中になっているうちに時間になりました。

「もっとやりたい!」

そういってもらえて
これでよかったんだ…とホッとするような、びっくりするような…


それにしても毎週必ず開催するというのは本当に大変なことで
実際に311の地震のときも、台風のときもカドベヤは開いていて
そして不思議とそんなときほど人が集まってきていて。

「ただ一緒にいる」それのなんと偉大なことか。

大切なことに気づけた火曜日でした。


Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/25

インターナショナルな日々!?

Photo_2

先日、英国人のご主人を持つ方や、海外で働いていた方と帰り道が同じになり
美しい日本語があるように、美しい英語があるという話題に。
高尚過ぎてまったくついていけないながらも
「みなさんインターナショナルですよね」と感心していました。

すると「金澤さんこそ!!」とおっしゃるのです。
旅行英語も怪しいのにどういう意味か分からないでいると
華僑の方々と太極拳をやっているじゃないか、と。

確かに…。
あまりにも身近になりすぎて、また自分のことは意識しないので
それが当たり前になっていましたが
わたしが仕事以外で接する方々は、華僑もしくは日本人の70代どちらかなのです!

(友人10人の平均値が現在の自分、という説がありますが
すると、わたしは『外国人のおばあちゃん』ということになります^^;)


その流れの中にいるせいなのか
先日、家族の勤め先にいらしている韓国人の技術者の方が
自宅に招待してくださいました。

じつはわたしたちはパーティ、食事会、飲み会というと
かなり腰が引けてしまい
同年代の友人の誘いであっても
揃って出かけたのは1度しかありません。

なのにこのときは二つ返事でお受けし
どこかしら当日が来るのを心待ちしにしていました。


聞くと、職場でもそんなに会話する関係ではないそうで
往路の車中では不思議な空気が流れましたが
明るい奥様と、年頃なのに出迎えてくれた息子さんにお会いすると
なぜかわくわくしてきました。

手作りの韓国家庭料理をゆったりいただきながら
韓国と日本の違いを話したり
(見た目は似ていますが、韓国人と日本人のエネルギーは本当に違います!)
でも心は、感情は人間だから同じだねと確認しあう。
何よりご家族の仲が本当にいいことが伝わり、こちらまで安心できました。


韓国は愛を与えるのが上手な主体的・父性的な国。
日本は「ありがとうございます」がよく使われるように
受けとるのが上手な受容的・母性的な国。

日韓比較文化学の武藤克精さんが分析されていますが
いつのまにかキムチとチャプチェを持たせてくださり
その愛に包まれて家路にたどり着くことができ、
今日も冷蔵庫を開けるたびに、暖かい気持ちになっています。

これからもわたしなりの国際交流をしながら
さらにその先に、みなさんにも関わっていただける場を作っていきたいと思います。

Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

2015/05/18

ありあまる豊かさ レッドブルエアーレース

Hikouki

先週末は、世界最速のモータースポーツ『レッドブルエアレース』が
初めて日本で開催されるということで、千葉市・幕張海浜公園に行ってまいりました。

といっても、テレビもない生活をしているので
世の中にこうしたイベントがあること自体知らなかったのですが
(意識を向けないということは、ほんとに存在しないと同じなんだなと改めて痛感…)

飛行機好きの家族が、たまたまローソンでポスターを見つけ
開催日が自分の誕生日と重なっていることにときめいたそうで…フフ
同行することになったのでした。

当日が近づくにつれて、日本ってつくづく豊かな国なんだなと感じました。
下の表をご覧ください。

Photo_4

レースは予選・本選の2日間にわたって開催され
各日6万人、合計のべ12万人が観戦できるのですが全席sold out

Photo_5

幕張海浜公園は横長で段差のない人口砂浜なので、観戦の地理的な条件としては
そんなに変わらないと思うのですが、高額席ほど早く完売。

わたしたちは小市民的に真ん中あたりの席をとりましたが
当日、会場に入って「アンビリーバボーー!」と叫びそうになりました^^;

Photo_9

与えられたのはプールサイドによく置いてある、長椅子2客のみ!
(こ、これが6万円!?)

5月の紫外線マックスの海辺で
傘禁止、水持込禁止、レジャーシート禁止、再入場禁止
その環境で、約1分のフライトを繰り返し見るという、究極の娯楽…

心の、感情の、うれしさ。
ただそれだけのために、これだけたくさんの人が
これだけ時間と費用とエネルギーをかけて、
真っ赤に日焼けしながら、今か今かと待っている。


ヨーロッパ圏のイベントだけあって、はっきりとした階級差を演出してあり
ラウンジ席は屋根付、ソファ付、シェフ付、アルコール付、駐車場付、まさにセレブ!
A席は直座り、人口密度かなり高し、でも盛り上がりはいちばん!


歩いて横切れる範囲の砂浜。
せいぜい数百メートルごとに変わる世界。
カオス…カオス過ぎる。


そりゃあ、ラウンジ席がいいよ、と誰もが思いそうなものだけれど
深い部分では自分が好きで選択しているんだろうな。
少なくともわたしはそうだ、両隣の世界が垣間見れたことに心が動く。


その多彩さを含めて、こんな豊かなことってあるのかなあと感じ入りました。

Photo_11

いざレースが始まってみると、「早いな~」「すごいな~」とは感じるものの
何が面白いのかまではわかりませんでした。
しかし、公式資料を読んでいくうちに少しずつ理解できてきました。

まず、パイロットが強力なG(重力)を受けること。
1Gとは、車で急ブレーキを踏んだとき、ガツンと受ける衝撃のレベル。
エアレースの場合、最大で10Gかかるそうですが
10Gとは自分の体重を10倍に体感するということ。

70kgのパイロットなら、700kg分の負荷に耐えるせいで
血液が足に下がってしまい脳にいく量が相対的に減り、
目が見えなくなったり意識を失うこともあるそう。

ところが瞬きしている間(0.2秒)に20メートルも進んでしまうので
一瞬も意識を切ることができない。

さらにパイロン(三角コーンの巨大バージョン)を使ったエアゲートでは
機体を90度にして通過しなければならない。
例えると高速道路の狭い料金所をアクセル全開で通り抜けるような恐怖感。

当たり前のように飛んでいるように感じるけれど
生身の人間が神のような技術を駆使して、限界に挑戦していること。

舞台裏を知ってから改めて観戦してみると、やはり人間の豊かさを感じたのでした。


(レッドブルエアレース千葉2015公式ガイドブックより)

Photo_12

初のアジア圏パイロットは日本人。室屋義秀選手の飛行。

Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

2015/05/15

センターにつながる方法

Photo

わたしにとってセンターにつながるための方法。

①まずは太極拳。

山下公園で緑と海と風を感じながら、もくもくと套路をなぞると
汗が出て、ゆがみが正され、心の中が静寂に。
身体から働きかけると早いので助かっています。

②とにかく「美」に触れること。

洋館やホテルなど人が創造した美しい空間も大好きですが
自分で作り出していくと、過程そのものが瞑想的になる。

Photo_6

生花でつくるフランス風のブーケに初挑戦。
葉を取り、茎をまっすぐに整え、斜め方向に一定に束ねる。
しっかり結び花と茎は1:1の割合で自立するようetc....
初めて聞くことばかりでしたが
花と配色自体を吟味してくださっているので誰でも形になります^^

大好きなベーリックで出会った、先生のお宅にて。

Photo_3

こちらは冬に植えた、アンジェラの初蕾。
根付いてくれて一安心。

Photo_2

しばらくするともこもこ咲いてきました。

Photo_4

窓枠のバラもマックスですね。


③旅に出ること

好きな街、見知らぬ街をひたすら歩くこと。



センターにつながり
深く呼吸して
リラックスする。

インスピレーションをたくさん受け取る。

新鮮なものを食べる。
おいしい料理をつくる。

身体を動かす。
汗をかく。

パリッとした清潔なシーツでぐっすり眠る。


自分のすべてにOKを出す。

変容を許可する。


いつでもここに戻ることができる。
ここからはじめよう!^^



Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

2015/05/08

バラが咲いた、2015年

(追記:2015.5.15)

Photo_7

................................................................................................................................................................


Photo

急に気温が暑くなったので、日当たりのよい部分からバラが開花!

たぶん8年目の大株に成長してくれたバラさんよ、ありがとう。
もう脚立を使っても届かなくなって、乱れ気味だけれど^^;
それでもやはり、バラは格別。



Photo_2

これからアイアンの上あたりもどんどん開花する模様、
来週いらしてくださるかたは、どうぞバラもお楽しみくださいね^^



Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

2015/05/01

どうしたことかまたオペラ!!

Marinetirashi

スペインオペラ(サルスエラ)の舞台をやっと終えたばかりというのに
なんと今度は韓国の『春香』のお話をオペラにした舞台のお話をいただきました。
229ページもの楽譜…

歌の才能はないと思うし(踊りはさらに輪をかけて下手)
頭では舞台に立ちたいと願ったことはないのですが(できることなら隠れていたい)
潜在意識は何をしようとしているのでしょうか……もはや読めません。

先月はふだんめったに話さない
母親、姉、弟の心に寄り添う出来事が続き、
身体の浄化もバンバン出てきていて
うわぁ~動いてる~と酔いそうな(笑)日々です。

こうなったらサレンダーするしかないので
目の前のことに集中しながら、
この状況を抜けた先の景色を楽しみにしながら、
自分を信じて進んでいこうと思います。



Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

2015年6月のレンタルセッションルーム受付

Photo
最近いちばん好きなカフェ、&imaのカウンター。サービスのお水へもおもてなしの心が…

GW本番を間近に控えていますが、今日はもう夏のような陽射しですね!
いそいそとセッションルームのリネン類も夏バージョンに変身^^

先日は長らく来て下さっていた、
ナチュラルパークのかやのさんがいよいよご自身の拠点を持たれるとご挨拶をいただき
感動の思いとともに歳月を振り返っておりました。

主婦からセラピストへの一歩を踏み出す場に選んでくださったおかげで
どんどん進化される姿を拝見することができ、こちらこそ多くを学ばせていただきました。
本当におめでとうございます!

お見送りするご縁、新しくお迎えするご縁、
さまざまな交流ができる今を幸せに思います。


さて、6月のレンタルセッションルームの受付を開始いたしました。

 

■ご登録について
自宅(3階建て/1-2階部分)を開放して行っているため
ご利用様同士、および私どものセキュリティ向上のため
初回ご利用前に、登録をお願いしております。


■ご登録日時

毎週火曜日の10:00~22:00
ご都合がよい日時を必ず2-3候補ピックアップください。
3日以内に調整し、ご来院日をお知らせいたします。


■ご登録について必要なもの

公的機関発行の身分証明書。
登録料は必要ございません。


■ご登録の申請はこちらから
http://medicalyuuki.com/room_request.html




■ご利用時間について

月~金曜日、祭日

9:30~19:30(大きな音が立たない場合は、21:00まで)

■ご利用料金について

1時間単位(2時間~)でお受けします。
1階 1300円/1時間
2階 2000円/1時間
事前振込制


■その他
1回に最大9名様まで、
10名様以上の場合、
もしくは商用撮影でのご利用時は全館貸切とさせていただきます。
(携帯カメラ等で個人的にお使いになるものについては該当しません)





■ご予約について
登録終了後、ご利用になりたい日時が決まりましたら、
フォーム

http://medicalyuuki.com/room_request.html

もしくはメールにて
info@medicalyuuki.com


セッションの内容(アロマトリートメント、カウンセリング等)、
ご利用人数を明記してお申し込みください。
可能な場合は、ご案内メールをお送りいたします。
不可の場合は、代案を二案ほどご提示いたします。



■部屋のイメージやこれまでのご利用の例(本ブログより)
http://rakuanmedicalyuuki.cocolog-nifty.com/blog/cat42253205/index.html
http://medicalyuuki.com/room.html


ご縁のある方にお会いできることを楽しみにしております^^


Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »