« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015/01/06

ゆるむ~深呼吸ができる方向へ

6

今年の目標、計画は完成させたにも関わらず
早々に破り捨ててしまったお話をひとつ前の記事で書きました。

さらに最近は義理で行動したり、
我慢をするとそわそわしてまったく落ち着きません。

はじめは我慢弱くなってしまったんではないかと驚愕していたのですが
それでトラブルが起きるのかというと
不思議なことに周りの笑顔は逆に増えていくんですね。。。

不思議は続き
年末年始に混雑した場所に出かけても
(目の前に人の波があっても)
自分が利用する場面になると、すっと誰もいなくなる。何度でも。。。
海が見える窓辺のソファ席で静かに過ごしたりしている現実。

結果から考えるに
環境が先にあるのではなく、自分が環境を作っている。
同時にいくつもの現実が存在する。
そんなふうに感じる年の始まりでした。


どうしてこうなったのかと考えみましたが
「判断基準」を変えたのが大きいと思い当たりました。

最近いちばん優先しているのが
その選択は「ゆるむ」のかどうか?

選択肢をイメージして
身体がゆるんで深く呼吸できたらOK
肩があがって浅い呼吸になるならNG
損得や効率、リア充感なんかは度外視(笑)

その感覚に耳を澄まして「ゆるむ」を選び続けると、
心がほかほかと温かくなって体調もいい感じ。

心身が開くから無意識層につながりやすくなるのか
自分では思いつかなかった流れに乗れたり
結構頼りになるなーと感じています。


簡単にできるので、迷ったときはぜひお試しあれ^^

Photo

未年に干支が羊の人が料理した小羊肉を牡羊座が食す正月



Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

2015年2月のレンタルセッションルーム受付

Photo_2

2015年あけましておめでとうございます!
それぞれの場所で素敵な年末年始を送られたことと思います^^

わたしは今年は特にお休みを設定していなかったのですが
逆にお正月ムードが長く続いているような気がしています。

むしろお正月というより、
自分の性格や行動がとてものんびりになっていてびっくりしています。

さらに目標や計画を立てるのが大好きだったのですが
今年も一応完成させてみたものの、なんだかつまらなくなってきて
気がついたら「おもろないなー」と破り捨てていました。
(家族に爆笑される声で気づきました^^;)

これはいったい老化なのか進化なのか!?
わかりませんが、心の声を指針に今年は進んでみようと思います。

さて、2月のレンタルセッションルームの受付を開始いたしました。




■ご登録について
自宅(3階建て/1-2階部分)を開放して行っているため
ご利用様同士、および私どものセキュリティ向上のため
初回ご利用前に、登録をお願いしております。


■ご登録日時

毎週火曜日の10:00~22:00
ご都合がよい日時を必ず2-3候補ピックアップください。
3日以内に調整し、ご来院日をお知らせいたします。


■ご登録について必要なもの

公的機関発行の身分証明書。
登録料は必要ございません。


■ご登録の申請はこちらから
http://medicalyuuki.com/room_request.html




■ご利用時間について

月~金曜日、祭日

9:30~19:30(大きな音が立たない場合は、21:00まで)

■ご利用料金について

1時間単位(2時間~)でお受けします。
1階 1300円/1時間
2階 2000円/1時間
事前振込制


■ご利用人数について
1回に最大9名様まで、10名様以上の場合は全館貸切とさせていただきます。




■ご予約について
登録終了後、ご利用になりたい日時が決まりましたら、
フォーム

http://medicalyuuki.com/room_request.html
もしくはメールにて
info@medicalyuuki.com


セッションの内容(アロマトリートメント、カウンセリング等)、
ご利用人数を明記してお申し込みください。
可能な場合は、ご案内メールをお送りいたします。
不可の場合は、代案を二案ほどご提示いたします。



■部屋のイメージやこれまでのご利用の例(本ブログより)
http://rakuanmedicalyuuki.cocolog-nifty.com/blog/cat42253205/index.html
http://medicalyuuki.com/room.html


ご縁のある方にお会いできることを楽しみにしております^^

Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »