« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013/05/15

フィッシャーマンズワーフ ~元町商店街

Photo

元町商店街(横浜市中区)は、明るくて歩いていても楽しいのですが
「量はかるくでいいんだけど、落ち着いて食べたいな~」という
願いを叶えてくれる店は意外となかったりします。
そんな中、とうとう見つけました。

Photo_2

1983

『フィッシャーマンズワーフ』という名前の通り、
いたるところがマリンテイストなのですが
街中にあっても不思議に調和しています。
それもそのはず、今年で30周年の元町で最も老舗のレストランだそう
しらんかった....飲食店で30年...
それだけで何らかの魅力があることがうかがえます。

五社線乗り入れした「元町中華街駅」からだと、
元町方面では、いちばん近いお食事処と思われます。

Photo_7

元町ビューが見渡せる窓際の席に座りながら
この貝殻パスタ(フィッシャーマンズワープパスタ:990円)をぜひ^^

Photo_8

ソースも手作り、ひなどりのゴマソースも990円
もしも状況的にアルコールがOKならジンジャービールが美味^^

樂庵までどのくらいかかるか測ってみましたが、わたしの足で16分~
石川町駅からなら6-7分でしょうか

スターバックスの向かい、サブウェイがある元町プラザの3階です。
フィッシャーマンズワーフ


Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごとPhoto_6

|

2013/05/10

美と。豊かさと。愛と。

Photo

Photo_4

バラの季節がとうとうやってきました。
(上の写真は樂庵のピエールドロンサール、現在8分咲き)
お世話が結構大変なわりに、楽しめる期間はたった1‐2週間。
しかし1年分のパワーを一気に解放させる、この時期のバラにチャンネルを合わせると
美しさへの畏怖というのでしょうか.....震えてしまうほど感動します。

特に早朝の静寂の中での美は格別で、
これに触れたいがあまりに勝手に早起きしてしまいます。
ウォーキングの準備もそこそこに目指すところは.......

Photo_6uxi

満開中の港の見える丘公園へ向かうと
中華街での太極拳でお世話になっているAさんご一家とばったり。
バラ園で毎朝、家族と太極拳をされているそう.......なんて豊かなくらしだ.......
「気持ちいいよ~♪」と誘っていただいた。
そうだ、そうなんだヒッキーではいかんのだ..

豊かさは経済的な努力だけでは実現できないですよね。
けれど、自分が心地いいと思う方向へ進む許可さえあれば、
すぐにでも目の前に現れる。
豊かさの流れを自ら堰き止めなさえしなければ..

Photo_7

風の流れにのったバラの香りに全身が包まれる。
最上級のアロマテラピー.......

Photo_9

Photo_10

Photo_11

バラ以外の植物も生命を謳歌中^^



Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

Photo_5

Photo_4

|

2013/05/04

鍼灸治療の原点

Photo_2
たまたま開いたページがこの写真だった方は吉の兆しなり~^^

昨日はみなさまのおかげで、樂庵の鍼灸部門も4回目の春を迎えることができました。
オープン日に初めて来てくださったO様のことは忘れようもありませんが
(わたしにとって患者さんは思いのほかどなたも印象的なのですが.......)
昨日はまた別の意味で、原点となる治療となりました。

というのも、母の治療をすることになったのです。
母はあの氷川きよしの大ファンなのですが........
その公演を見るために、はるばる神奈川にやってきました。
そして張り切りすぎたのでしょう。
身体が大きく歪み歩けなくなってしまいました。

鍼灸師の母親だというのに鍼灸が大嫌いな母は
免許を取り立てのころに一度治療して以来
「礼子先生~、ヤブ先生~♪」
とわたしを見るたびに歌って揶揄するという失礼ぶり!(笑)


しかし今回ばかりは、このままではタクシーにも乗れない事態に観念して
「鍼で治るのか?」と訝しげながらも治療を希望しました。


母の身体を診察する機会を得て、なんだかおかしな言い方ですが
母ってこういう人だったんだなと改めて知ることができた気がします。
また身体と精神の関連を、ある意味、答え合わせできるこの状況のおかげで
いつのまにか「みる目」ができてきたんだなぁと実感することもできました。
そして、体調を崩したときの出方が親子でやはり似るな、とつくづく。

治療に入ると、鍼を刺していないのにギャーと叫んだり^^;
お灸なのに注射をされているようだ!!と騒がれたりしましたが^^;

なぜこの症状が出たのか
この症状は何を表現したいのか
何を理解すれば症状は必要なくなるのか

そんな心の中のやり取りをしながら、
気づくといつもとは違うパターンで治療をしていました。


小一時間後、おかげ様で、さっさと歩けるようになった母はトイレに5回も行き
「礼子先生~、上手先生~♪」
と帰ってゆきました................


去り行く後姿を見ながら、ふと思い出しました。
わたしが鍼灸を志したきっかけはいくつかありますが
1つ目は、マスコミの仕事をやりきった気がして、NEXT!という気持ちが消せなかったこと
2つ目は、病気になる理由、健康になる理由をどうしても究めたかったこと
3つ目は、自分自身も身のまわりにも心身の調子を崩している人が多かったこと

思い返せばそうだった..........
いつの間にか大きな流れに乗っていたのかもしれないと思いました。

現在、樂庵での仕事は、カウンセリングが8割以上を占めているのですが
じつは今年に入ってから、鍼灸おもしろいなぁと再び感じはじめていたところでした。
これから流れが変わっていくのかもしれませんね^^



Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

6/1-30日までのレンタルセッションルーム受付

Photo_2

ゴールデンウィークの真っ只中ですが、いかがお過ごしですか?
(わたしのGWは6月予定です♪)
今はネット環境があればある程度仕事ができてしまう時代のせいか
「休み」を意識してとることが大切だと感じるようになりました。

身体を動かす派? ひたすらボーっとする派? 旅でひとっ飛び派?
自分なりのOFFの流儀を見つけられると、ONの日々がいい感じになりそうですよね。

6月1日から30日までのレンタルセッションルームのご予約も本日よりお受けいたします。
あと1週間~10日後くらいに、樂庵のバラが満開になりますので、
ご予約いただいている方は、ぜひ楽しみにしていてくださいね^^


■ご登録について

自宅(3階建て/1-2階部分)を開放して行っているため
ご利用様同士、および私どものセキュリティ向上のため
初回ご利用前に、登録をお願いしております。


毎週火曜
日の10:00~22:00のうち、ご都合がよい日時をご連絡いただき、
身分証明書をご持参の上、お越しください。

(継続でご利用の方は必要ありません)

登録申請はこちらから
http://medicalyuuki.com/room_request.html



■ご利用時間について
1か月先までの、 平日9:30~18:30でお受けします。
土日はお休み、祝祭日はお受けできます。



■料金について

1時間単位(2時間~)でお受けします。
1階 1200円/1時間
2階 1800円/1時間

前日までの事前振込みとなります。
入場と退場時間をご利用者様同士、守りあうようお願いいたします。



■ご予約について

登録終了後、ご利用になりたい日時が決まりましたら、
フォーム
http://medicalyuuki.com/room_request.html
もしくはメールにて

info@medicalyuuki.com


セッションの内容(アロマトリートメント、カウンセリング等)、
ご利用人数を明記してお申し込みください。
可能な場合は、ご案内メールをお送りいたします。
不可の場合は、代案を二案ほどご提示いたします。



■部屋のイメージやこれまでのご利用の例(本ブログより)

http://rakuanmedicalyuuki.cocolog-nifty.com/blog/cat42253205/index.html
http://medicalyuuki.com/room.html


ご縁のある方にお会いできることを楽しみにしております^^


Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »