« こころよく働く仕事 | トップページ | 悟空茶荘 ~樂庵付近のうまい!店 »

2011/10/21

横濱11年目に突入~樂庵ができるまで

Photo_10

神奈川県庁(キングの塔)や税関(クイーンの塔)辺りを散歩しているときに、ふっと思い出しました。
横浜に引越してきて丸10年が過ぎ、今日から11年目に入ることを!

その後、夕日があまりにも美しく、もっとよく見える方向へ、見える方向へと
海岸にそってしばらく歩くうちに、真っ白い洋館が現れました。
ここにこんな建物あったっけ???と不思議に思いながら近づくと、
天然酵母のパンを食べてみないかというのです。

誘われるままに、誰もいない洋館でフランスパンをもそもそと食べながら、10年前にトリップしていました。
(流れてきたBGMは『ホテルカリフォルニア』!我ながらどんだけ引き寄せるのだ^^;)




* * *

2001年10月21日、まだあった東横線の終点、桜木町駅からタクシーで山下公園に向かいました。
当時、人生の冬ともいえる時期に突然入り、嵐に翻弄され
不安と恐怖(今から考えてもよく正気を保てたなあと思います)でいっぱいでした。
けれど県庁税関を通り過ぎたときに、この街なら大丈夫だと
かすかな、けれど確かな希望が湧いてきたのです。
今回その情景ををはっきりと思い出し、うれしいような哀しいような気持ちになりました。

マリンタワーのふもとで行っていたバンドの演奏、明治屋でみる世界中の食品、
中華街の喧騒、温かい音色でボーっと鳴り響く汽笛、山手の美しい洋館と緑。
伊勢佐木町のカオス、黄金町の猥雑、寿町の絶望と優しさ。

横浜の懐の深さに何度救われたかわかりません。
本当に落ち込んだときに人が求めるものとは何か? 教えてもらった気がします。

苦しんでいる人に、何もできないかもしれないが、
せめて足を踏み入れたときに癒される空間をつくろうという願いを込めて、
更地から樂庵をつくっていったことも、やっと思い出しました。
(こんな大切なことを、過ぎてしまえば全部忘れてしまうのですー!^^;)

セッションやレンタルをやっていて、最近、たびたび部屋を褒めていただきます・・・
わたしが居なくなった階下からきゃーとか、いやーんとか声が聴こえてくるので、
本当に喜んでくださっているのだなぁと嬉しいものの、
「高価な物も置いていないし(というより物がない)、変わったことはしていない」と若干プレッシャーに思い、
逆にお客様に「・・・どの辺がいいですか?」と質問したりしていたのですが、
当時の思いの「点」が今頃になって「線」になってきたのだなぁ、と気づけました。


しかし、2001年はまさかこんなことをやっているとは思いもしなかった・・・
これからの10年先に向かって、今、どんな点を描こうかと考えています。
やっぱり、わたしなりの「エンタメ」が方向性になりそうです^^

Photo_11
新しく見つけたお気に入りの場所、真っ白な洋館の内部です。
上の大きなみなとみらいの風景は写真でなくて実物!(下は写真) 
こんな素敵な場所がパン屋さんのイートインスペースとは・・・、ギャップが最高でした^^


Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

« こころよく働く仕事 | トップページ | 悟空茶荘 ~樂庵付近のうまい!店 »

樂庵のおしごと」カテゴリの記事