« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011/08/11

タイ人によるタイ古式マッサージ ワークショップのお知らせ

Herbal20massage

樂庵に来てくださっている方が、来日してがんばっている友達夫妻を応援するワークショップを開きたい!
と声をかけてくれました。そういう気持ちにはぜひとも協力したいと思いましたが、
さらにどんな内容かうかがってみると、本場のタイ人が行うタイ古式マッサージとのこと! 
日本人によるフラワーアレンジメントも応援でジョイントするというなんとも楽しそうな企画でした。
お時間の合う方はぜひいらしてくださいね^^


『お茶会~タイ古式マッサージ×フラワーアレンジメント』
■日時:9月25日(日)13:30~18:00(随時来場可)
■講師:グラスミュック.スリントン Grasmueck.Surintorn
           (タイマッサージセラピスト&料理インストラクター) 
     森下由紀
     (フラワーサロン ラ・フェリーチェ主宰)

■料金:お茶会参加費(お茶代とおやつ)                  500円
     タイ古式マッサージ                                            2500円(30分) 
     フラワーアレンジメントプチレッスン ①アクセサリーアレンジ  1000円(20分)
                          ②スイーツアレンジ      2500円(60分)
                          ③風水アレンジ       2500円(60分) 
■内容:
石川町にある素敵な一軒家でのんびりお茶を楽しみながら
おしゃべりやマッサージ、フラワーアレンジメントのプチレッスンを体験しませんか?
1階ではタイ人セラピストによるタイ古式マッサージ(*先着順、要予約)
2階ではプリザーブドフラワーを使った簡単アレンジレッスン
(①アクセサリー②スイーツ③風水カラー)の体験ができます。
3連休最終日は感性と世界を広げる、そんな一日で締めくくってみませんか?

Photo_6
フラワーアレンジメントの各種アレンジ。(左から)スイーツ、アクセサリー、風水。

■場所:樂庵1階施術ルーム&2階セラピールーム
http://medicalyuuki.com/map.html

■お申し込み
・お茶会のみ参加
・タイ古式マッサージ参加
・プチレッスン(①アクセサリー、②スイーツ ③風水)参加

ご希望の参加内容と、お名前、当日の連絡先を添えてメールにてお申し込みください。
イベント企画担当:森田まで event.417@gmail.com
折り返しお返事いたします。

Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

Seoul Loves You! 旬の勢いのソウルを歩いて

Photo
世界遺産の昌徳宮(チャンドックン)、ドラマ『チャングムの誓い』の舞台になった場所。

Photo_5

Hiji
「あぢー」と王座の前に肘をかけて涼む、当時なら・・・コワイ目に合ってしまいますね^^;

夏期休暇をいただきありがとうございました。
この間にいただいたお問合せ等は昨日までに返信しております。
もしもまだ返事がない~!という場合は、ぜひご連絡くださいね。


8月初旬の8日間、韓国・ソウルを歩きに歩いてまいりました^^
どうもわたしの中の韓国のイメージは20~30年前で止まっていたようで
東京とマンハッタンをかけあわせたような大都会っぷりに、毎日驚いていた気がします。

高度経済成長期のような、バブル前のような、上り坂のまさに「旬」のエネルギーに満ちていて、
何かがはじまりそうな勢いがありました。

口を開かなければ韓国人も日本人も見分けがつかないのですが
鷹揚で愛想はないけれども親切。心に訴えれば心で返してくれる。そんなマインドのように感じました。

日本語が通じると聞いていたので何とかなるだろうと思っていたのですが、
わたしが拠点にしていた「鐘路」という下町では、まったく通じず^^;
実際に触れてみなくてはわからないこともありましたが、たくさんのインスピレーションを受けました。

とくに健康や美容のノウハウが、日常生活で誰でも取り入れられるように、
安価で提供されていて、これはとても参考になりました。

Sourunabi

Photo_3
ソウル薬令市(ヤンリョンシ 写真:seoulnavi)。通り一面が漢方薬のいいにおいで癒されます^^


日本に帰ってから、何かみなさんに還元できなかなぁと、街を歩きながら考えていたのですが、
薬令市場という、韓国中の韓方(漢方)薬を取り扱う市場に行ったとき、あるものを見つけました。

ところが思いっきり、現地の市場です・・・
日本語どころか英語も通じない。どうしようかと困っていたところ、
ある博物館で日本語が少しできるスタッフと出会い、
自分の意志を怪しいイラスト^^; 日本語、英語、ハングルでさんざん話し合ううちに

「これは おんなのびょうきに つかうものですか?」
「そうです、そうです!」
「見たことがあります、子どもをうんだあとにつかいます」
「あー、使うかもしれません!」
「わかりました! いっしょについていってあげる。あなたは韓国にきていますから」
「いいんですかっ カムサハムニダ、カムサハムニダ」となり、お店へ同行してくれることに。
店舗でもわぁわぁやり取りしながら(自分じゃ絶対に無理!!でした・・・)なんとか交渉成立。
これまた怪しい大荷物になりましたが、横浜まで持って帰ってくることができました。

気温が下がってから提供していきますので、とくに婦人科系のトラブルを改善したい方はお楽しみに!
わたしが感じたソウルの魅力もおいおい書いていきますね^^


Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »