« 宿曜経×カラダ、ワークショップのお知らせ | トップページ | 7/2(土)『女性のための健康フェア』(横浜市・戸塚区)に参加します »

2011/06/10

近くて遠い。知っているようで知らない世界へ

Photo
読めるようになりたい・・・が、全部記号に見えるハングル文字。


関西からのお客様、書道家&アロマセラピスト&ボーカリストの敦さんが上京。
横浜を案内しようかと思いましたが、なんだか今回はどうもしっくり来ない。
「!」と思い立ち、「新大久保はどうでしょう?」と投げてみると、敦さんもノリノリ!

Atuko
15年以上前から韓国に訪れていた敦さん、北朝鮮との国境・板門店訪問という濃い体験もしたそう。
韓国に詳しい敦さんのお陰で何倍にも楽しめました^^ パックシート、22枚1000円のお店も発見!

*  *  *

新大久保といえば、わたしが通っていた鍼灸学校があり、
免許を取るまで、3年間! 毎日毎日1000日間も通い続けていたのですが、
じつは在学中は苦手な土地でした。
学校を決めるときも、新大久保でさえなかったらなぁ・・・と何度か考え直したほどです^^;


まずパチンコ屋とホテル街が密集していており、まったく落ち着きません。
さらに、ヨン様を始めとする韓流スターの商品を売るショップと韓国料理店が軒を並べる
「韓流」の聖地、ここは日本?と感じるほどのコリアンタウン。
しかしながら当時、韓流は下火になっていて、いつまでも売れ残って捨て値がついた
うちわやらカレンダーやらバッジを見て、なんだか物悲しい気持ちになったり、
とにかく駅に降り立つだけで心が乱れる場所なのです(笑)


なのに、今になって、新大久保に行きたくなるとは!

わたしは1か月に最低1回、コンディションを整えるために温泉かスパを課しているのですが、
先月、大好きなみなとみらい万葉の湯でテレビに見入っていたときのことです。
(自宅にテレビがないので、テレビがあると初めて見たかのように凝視してしまいます^^;)

ふと映った韓流ドラマ。漫画みたいな展開で「わははー、おもしろいなー」と3話ほど続けて視聴。
出演していた俳優たちがみな若かったせいもありますが、「今まで思っていた韓国のイメージと違う」と
これをきっかけにどうも韓国が気になり調べはじめました。


すると隣の国で、容姿も似ているのに、内面が全然違うことに今更ながらに気づいたのです。
日本人ならあえて言葉にしないことも、恥ずかしがらずに表現する。人と人のつながりが濃い。
喜怒哀楽が激しく、怒りの感情をあらわにしても誰も驚かない。
空気を読まない。情熱的、パワフル。

格差社会が日本より激しく、時給300円で働いている人もまだまだ多いこと。
容姿が就職や結婚に悲しいまでに影響するからこそ、整形も辞さないこと。
熾烈な競争の中を生き抜く社会、一度脱落するとなかなかやり直せないこと。
一方で兵役期間、生き方の変更を余儀なくされること。
土地が狭く、人口も少なく、侵略された歴史が長く、伝統や文化が育ちにくかったこと。
在日の方は、韓国に帰っても居場所がないこと。


知っているようで知らなかった国・・・、いや、知ろうとしていたんだろうか?と思いました。
しかし理解してみると、とても新鮮で、なおかつ不思議なことに「愛しい」という感情が湧いてくるのです。


でも、これは韓国について話しているようでいて、
もしかすると「自分」に対しても言えるのかもしれません。
一番近くて遠いのは、自分じゃないかと。

参ったなぁ・・・と感じている自分の短所も、
受け入れてみると、別のものに、愛しいものに変化するのかもしれません。

わたしは平和で穏やかで静かなものが好きと自分を分析していますが、
じつは感情を全開にしてコミニュケーションしあいたいのではないか? 
そんな自分も生きてみたいかもしれない、など、ね^^;

Photo_3
学生時、ガランとしていた店内に人、人、人。みなさんレジがもどかしいほどお買い上げ。
物が売れない、人が集まらない時代を打破するヒントが・・・

Toppu
裏路地の『烏鵲橋(おざっきょ)』、 煙を黙々と立て仕込み中。

Photo_7
おそらく今いちばんの人気店、『おんどる』。平日でも1時間待ちとのことで断念!

Photo_4
マッコリなどを入れる?小さなやかんをリユースしてディスプレイに。

Ryouri
韓国料理はたくさんの副菜がサービス、何を頼んでもバランスがとりやすいのが嬉しい。

Photo_5

Photo_6
韓国への見方を変えたきっかけ、チャングンソクさん。
かなり混みあっていましたが、彼が来日時に座った席へ偶然案内・・・これもご縁ですね。
一人の若者のがんばりが、こうして波及する。すごいことだなと感じます。


とにもかくにも、新大久保界隈のコリアンストリートは、今、何度目かの大きな韓流ブームを迎え
パワフルで刺激的、歩いているだけで元気をもらえました。

飲食店の方々もかなり美男(バイトまで容姿端麗が不可欠だそう!)が多くなっているのにびっくり。
どんどん変化しているようですので、機会がありましたら、ぜひ、訪れてみてください^^



【6、7月樂庵で開催のワークショップインフォメーション】

■6月12日(日)14:00~17:00 「ボランティアセラピー」
⇒満席です

■6月26日(日)13:15~15:15 「バランス美人コーチング」*日向ミコ
⇒受付中 http://www.officepuravida.com/

■7月01日(金)13:30~15:30 「宿曜経プチ入門講座」*滝村桂子
⇒受付中 happytacky@gmail.com 



【樂庵が外部に出張して行うイベント】

■7月2日(土)10:00~15:00 「女性のための健康フェア」 
場所:男女共同参画センター(横浜市戸塚) 
内容:「健康フェア」に参加
*鍼灸治療とワークショップを行います。
*被災地のパネル展示もミニギャラリーで同時開催。
*予約なしでどなたでも参加できます。


Photo_6


樂庵 かなざわ
RAKUANの
おしごと

|

« 宿曜経×カラダ、ワークショップのお知らせ | トップページ | 7/2(土)『女性のための健康フェア』(横浜市・戸塚区)に参加します »

光のツアー横浜支店」カテゴリの記事