« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/26

12/23『冷え性とことん改善ワークショップ』レポート ~冷え性からのメッセージ

P1070466_2

12月23日(祝)は『冷え性とことん改善ワークショップ』のリクエストをいただき、追加で開催いたしました。
年末のお忙しい中、また遠いところ来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。

今回は、心理面でのレッスンをさらに掘り下げてみることにしました。
バディを組み、お互いの冷え性のココロを、冷え性マインドマップを使って約30分ずつカウンセリング。
その後、みんなでシェアした、冷え性のココロが素晴らしかった!^^


Aさん 固まりであり、親のコントロールから自分を守るものだったと気づいた
Bさん (時間切れでAさんのマップしかできなかったが)Aさんが自分のように思えた

Cさん 無理な仕事から自分を守ってくれるもの
Dさん 他人の指摘から防御してくれるもの

Eさん 束縛感から解放されようと、カラダの中でバランスがとれなくなった状態

・・・など「もしかして打合せましたか?」というほど、共通したココロがどのペアからも出ました。


一方で、Fさん。人生の大先輩という世代ですが、ただ一人、冷え性ではありませんでした。

冷え性にならないココロもあるかもしれないと、カウンセリングを進めると
自分をなくしてしまわないこと。
自分をケアする時間なども必要な時間配分に組み込む。自分を忘れてしまわないこと
というキーワードにたどり着きました。

ところが、元来はこうした考え方ではなく、滅私奉公して周りを最優先に尽くしていた時代があったそう。
その時代は体調が芳しくなく、健康になるためにはどうしたらいいのか徹底的に試行錯誤して
カラダで掴み取った実感だと話してくださいました。うーん、深いです!


奇しくもホリスティック医学の考え方では、

「カラダに一番温度が必要な場所がおなか。十分な血液が供給されないと、
カラダは末端から犠牲にして、おなかに血液に送ろうとします。

なぜ、おなかはそんなに血液が必要なのか。それは一種の飢餓状態だからです。
ここでいうのはココロの飢餓。
言い換えると大切にしている「何か」が危険にさらされているのかもしれません。

自分の美意識やポリシーを否定されたり、相手にばかり合わせていると、おなかに力が入らなくなり、
カラダは血液をおなかに集めて守ろうとします。結果、手足が冷えやすくなります」

(おのころ心平著『きれいをつくるココロの処方箋』より抜粋&まとめ)


とあるのです。
つまり、自分を守ろうとして、カラダは冷えをつくるけれども
自分の価値観を守ってもいい。自分のままでいい。自分を表現していい。
という許可をもしも出してあげられると、冷え性は安心して解消できるのかもしれません。

ふだんの診察でカラダを拝見していても、カラダは無条件で100%の愛を注いでくれているなぁと感じます。
顕在意識では、生活上では不都合な症状であったとしても
潜在意識のレベルでは、カラダの持ち主を守るために、表現するために、
まだ気づかない才能に目を向けてもらうために発症している。
それは本当に尽きることのない愛だなぁと感じるのです。

「なぜ、この症状を必要としたのか」に気づき、「もう大丈夫だよ」と許可をしてあげられたとき、
自然治癒力が発動するのかもしれません。(しかし、この「許可」を出すのは本当に難しいことも実感します・・・)


そんな気づきを得られた後、お灸レッスンへ。

症状のココロを掘り下げた後、カラダに触れると
「本当にいつもありがとうねーー!」という気持ちが湧いてきます(初めて触れるカラダでもです)
するとカラダも「ここよ、ここだからね!」とツボの位置を教えてくれている気がするのです。

そのメッセージを読み取って、お一人お一人にあったツボをとるのですが、
(ゲストもそれを一番喜んでくださるのですが)
やはり、本人に気づいてもらうのが、カラダはいちばんうれしいのだろうとも感じます。

なので、「ツボの探し方」も同時にお伝えしています。

実際にお灸をしてみると、1壮目ですぐに体表の凹みがなだらかに変化した方、
ずっと気になっていた背中の固まりが動き出した方など、変化が大きかったのが印象的でした。

前回はトイレに行く方が続出でしたが、今回はあくびをする方が続出!(笑) 
どちらもカラダがゆるんだ(副交感神経が優位になった)結果ですが、
集ったメンバーによって、違うものだなぁと面白いなぁと感じました^^
冷え性のココロ、冷え症にならないココロの対比もグループワークならではですね。

参加者のみなさんのお陰で、ココロが癒されると、カラダが変化しやすくなることも改めて実感できました。


「腰痛、生理痛、花粉症、肩こりなど症状別にワークショップをやってほしい!」と
新たなテーマもいただきました。
2011年は何か一つでもトライしてみようかと思い始めています。


Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと


------------------------------------------------------------------

shine1月度 樂庵からのお知らせ

 レンタルセッションルーム設定日

 flag1月9日(日)、1月10日(祝・月)、1月18日(火) 有料
   1月30日(日)無料 
*Reserved ご予約済

 レンタルセッションルーム案内
 2011年のレンタルセッションルームについて
 1月度レンタルセッションルームについて

------------------------------------------------------------------

|

2010/12/22

1月レンタルセッションルーム設定日

Photo

12月22日冬至
昼と夜の長さが同じになる日。
陰が極まって、陽に転じていく分岐点。
いろんなことが動いていきそうですね^^

Photo_2

明年1月からレンタルセッションルームのご利用を試験的に提案していきたいと思います。
(*詳しい内容は こちらの記事)

第1回目、2011年1月の設定日をお知らせします。

■1月9日(日) 有料 ご利用料金はこちら
①10:00~12:30 ②13:00~15:30 ③16:00~18:30

■1月10日(祝・月) 有料
①10:00~12:30 ②13:00~15:30 ③16:00~18:30


■1月18日(火) 有料
①10:00~12:30 ②13:00~15:30 ③16:00~18:30

■1月30日(日) 無料(光熱費実費負担のみ)
 *Reserved ご予約済
①10:00~12:30 ②13:00~15:30 ③16:00~18:30



最初はお会いしたことのある方を対象とさせてください。
ボランティアセラピーなどの機会も設けておりますので、樂庵の雰囲気をお気軽に体験ください^^)
外部会場でお会いしたときは、どうぞお声かけくださいね。

有料枠は先着順で、無料枠は選考制となります。
無料ご提供枠は、企画書(形式自由)をメール、ファックス、郵送いずれかの方法でお届けください。⇒ お届け先
選考の上、樂庵の3室をすべてお使いいただけます。

選考の基準は
・社会貢献度
・本気度
・これから開業、起業をしてみたい方

などとなります。
樂庵からは場所の提供と、本ブログでの活動内容の告知をご協力いたします。

1月30日の無料ご提供枠は
「高齢者のための1day cafe」をやりたいとおっしゃったTさんに決まりました。
素敵なイベントになることを、わたしも楽しみにしております^^


2011年、あなたの新しい挑戦を心から応援しています!^^


Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

2010/12/12

ウーマン magical beauty mind

Photo_3
サテンシルクのミニドレスにエナメルのハイヒール。中学生の子どもが2人いるアラフォー、170cm、48kg。美しい!

今日は自然治癒力学校の仲間、胡桃澤アンジーの講座でした。

magical beauty mind~ココロの力で美をつくるという提案。
立っているだけで説得力があるのですが、ボディラインを崩れさせないためのロジックを語ってくれました。

でも、本当にイケてたのは後半!
お腹の脂肪を胸にぐいぐい寄せるデモを身振り手振りのオーバーアクション。

「あなたは、ここにいるんじゃないのよ」(お腹の脂肪に本気で語りかけるアンジー)
「ここなの、わかる? ここにいなさいね」(胸に流してにっこり)
「わたし、全身に一日中、語りかけていますから」

ってそりゃやせるわ~! みんなで大笑いしながらうなづきました^^

ドレスアップなのに、お笑いキャラ。このサービス精神がアンジーなのです。
セラピストというよりはタレントさんだなぁと感じます。

Photo_2
さらに、「美脚(びきゃく)ちゃん」なる自分で開発したグッズを全員にプレゼントしてくれました。
ペットボトルの蓋をニットでくるみ、ハートでデコレーション。

この美脚ちゃん
①イスに浅く腰掛ける
②内腿に美脚ちゃんを挟む
③7秒間息を吐きながら力を入れる(全体、右尻、左尻それぞれ)


たったこれだけなのですが、小さいので落とすまいと自然に力が入るし、大殿筋から内転筋まで意識が集中します。
3セット終える頃には「効く~っ!」とプルプルしてくるほど^^;
また、美脚ちゃんを挟みながらだと、座り姿がとても美しく見える。

優れものの「ながらエクササイズグッズ」、手縫いでちくちくつくってくれたそう。
ここでは「母」の顔を見せてくれました。


最後に、参加者一人一人にアロマのパーソナルカウンセリングを。
「どんな美しさになりたいか」を聞き取りした後、アロマボトルを目を閉じて、もしくは気になるものを4本選択。
ブレンドするのかと思いきや、これをリーディングに使うのです。
リーディング内容を一部披露すると・・・

わたし  「女性性を100%解放しようかと」

アンジー 「今も女性らしいけどね? たとえばどういう意味の女性性?」

わたし  「そう? 10%くらいしか出してない気がする。女性性・・・豊かさかな」

アンジー 「天にも地にもつながった、1本筋が通った状態。
       直感はがんがん来ているけど、周りの人が何を望んでいるかも 
       瞬時に見抜いてしまうので、それに先に応えようとしてしまうところがブロック。
       女性の弱いところも全部解放してしまいます」


お笑いでも、母でもなく、今度は神秘的な顔がのぞきます。
内容もスピリチュアルリーディングですか!と驚きましたが、
むしろ、いくつもの表情を見せてくれるアンジーに惹きつけられました。


「子どもに手がかかるときにアロマをはじめたけど、“お母さん”でもやれるんだよって証明したかった」

こうやって魅力を発揮していく姿は、やはり理屈ぬきでワクワクしますね。
しみじみ、女性の時代なんだなぁ・・・と思うのでした。

Photo_6

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

2010/12/10

2011年度 レンタルセッションルーム、レンタルルームについて

Photo

昨日、個人プロデュースのご相談で来ていただいた方に、
最初からテナントを借りるとリスクが大きいので、まずはレンタルのセッションルームを
定宿のようにいくつか確保していく必要性についてお話しました。

「なかなか見つからない」とおっしゃるので、それではわたしもいっしょに探してみようと
「レンタルセッションルーム」をキーワードに、google検索をかけると
なんと、以前出していた樂庵のメニューがトップ表示されるのです。
最近、お問い合わせがふえてきたなぁとは思っていたのですがこういうことだったのかと納得しました^^;


せっかく検索くださったのに、お応えできないことがあり、たいへんに申し訳なかったのですが、
現在は、樂庵で個人セッションが入っていないときにお貸ししている不定期な状況のため、
対応できる枠自体に限りがあり、レンタルセッションルームを表メニューから外しております。

しかし、これから時代的に個人開業や起業がますますふえてくると感じますし、
実際にお声をかけていただくケースもふえてきました。
その「はじめの一歩」を応援したいという気持ちは変わりません。


いろいろ検討いたしまして、
2011年度は以下のように試験的にレンタルセッションルームを運営したいと思います。

① 個人でお使いいただく方を対象とした枠

  月に8日(基本的に火・日曜日)/有料
  樂庵でのセッション、ワークショップ、ボランティアセラピーをはじめ、
  外部の勉強会などでお会いしたことのある方で、個人セッションの場所を探している方。
  (一度
ボランティアセラピーなどにお越しいただき、お部屋の様子を体験されてください^^)

  例)個人のセラピスト、ヒーラー、コーチ、ワークショップ、教室など

Photo_2
Photo_4


② 開業、起業予定の方を対象とした枠(→2011年10月終了しました)

  随時/選考制・無料
  これはわたし個人の取り組みで、社会に貢献できる開業、起業予定のかたへの支援枠です。
  活動の趣旨をはじめにお知らせいただき、それに賛同した企画の中から、
  樂庵の3室をすべて無料(光熱費実費1000円のみご負担ください)でお使いいただけます。

  例)現在、「高齢者のためのカフェ」で起業準備されている女性のトライアルとして
    1dayカフェにお使いいただくお話を一件いただいております。

<参考ジャンル>
 ・介護・高齢者福祉
 ・
障害者自立支援・障害者福祉
 
子育て支援
 ・
若者自立支援・就労支援
 ・
まちづくり
 ・その他

Photo_3

お貸しできる日程などは、前月までに
ワークショップ、ボランティアセラピー日程のお知らせとともに、
ホームページ(WEEKLY RAKUAN欄)、本ブログでお知らせしてまいります。


on更新情報
1月のレンタル設定日 (2010.12.22)
2月のレンタル設定日 (2011.01.19)
3月のレンタル設定日 (2011.02.09)
4、5月のレンタル設定日 (2011.02.22)
6、7月のレンタル設定日 (2011.04.05)
8、9月のレンタル設定日 (2011.06.03)
10、11、12月のレンタル設定日 (2011.07.27)
2012年1、2、3月のレンタル設定日 (2011.10.4)


試験的な取り組みですので、なにかございましたら忌憚ないご意見をお寄せください。
また②枠での企画がある方は、ぜひお気軽に聞かせてくださいね^^

お問合せ・ご意見はこちらから ⇒ http://medicalyuuki.com/contact.html
樂庵の写真での紹介はこちらから ⇒ http://medicalyuuki.com/room.html

みなさまの声をフィードバックして、居心地のよい場をつくっていきたいと思います。

Photo_10

樂庵 かなざわ
RAKUANのおしごと

|

2010/12/05

Autumn in YOKOHAMA

Photo
毎年楽しみにしている山下公園の銀杏並木(12月1日撮影) 落葉すると金色のじゅうたんができます。


11月終盤の、山下公園や日本大通り駅近辺の銀杏並木は、異国情緒×光×豊か・・・
わたしにとっては徒歩で行けるパワースポットです。
桜と同じように、ほんの1週間ほどで見ごろを過ぎてしまうので
「あ~、独り占めしたらもったいないなぁ」と思っていたら、関西から素敵なお客様が^^

5月に素敵な書を送ってくださった、久谷敦子さんです。

Rakuan

初めてお会いしたときに「おおー、“the神戸マダムー”」という印象を受けましたが
今回は「イタリアンマダム」ともいうべき迫力にパワーアップ! 街並みにまたよく似合うのです。
「華」のある女性は、周囲まで明るくしますね^^

Photo_2

ご案内したのはヨコハマに1960年代からある老舗「SCANDIA」
立地が観光地の中心なので味は期待できないだろうと思いきや! これが本格的な北欧料理が楽しめます

Photo_4

初めて2階の予約席を。大人の社交場的な雰囲気で落ち着きます。
1階は1300円(コーヒー付、味はもちろん2階と同じ)から楽しめるので、どちらもお薦めです。


洗練されて美しい敦さん、しかしながら中身はれっきとした「お笑い関西人」^^

「れいこちゃん、お土産があるねん」

Photo_5

おもむろに取り出したのは・・・

Photo_6

ビタミンC~!!(笑)
なぜかツボに入ってしまい、げらげら笑いながらのランチになりました。


その後、樂庵にもお立ち寄りいただき、
アロマトリートメントを即興でしていただいたり(圧が絶妙にしっかりめ、みるみるコリが緩み気持ちいい~)
さまざまなお話を・・・

鍼灸の患者さん、カウンセリングや個人プロデュースのクライアントにしても
樂庵でお会いする方それぞれ、偶然はひとつもなく、
その時々に必要な出会いをしているように感じます。

敦さんのお話を通して、自分を見つめているような、そんな気づきがありました。
またゆっくり深めたいですね。


みなさんも機会がありましたらお茶を飲みにきてくださいね
そして、あなたの街のお気に入り power spotもぜひ教えてください^^


↓こんな感じになるAutumun in YOKOHAMA

518vesr4h1l1

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »