« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/30

樂庵12月のワークショップ&ボランティアセラピーお知らせ

今日で無事、社会起業家塾のプログラム
自然治癒力学校男女共同参画センターでのインターンシップを終えました。
仕事との両立で体力的にはきつかったのですが、得がたい経験が出来ました。
またじっくりみっちりと(笑)シェアさせてくださいね。

さてさて、明日からもう12月
2010年が終わりに近づいてきましたね、締めくくるにふさわしいイベントをご用意しました^^
タイミングがあいましたらぜひお越しくださいね!


リクエストをいただき追加開催決定!

ぽかぽかお灸×ゆるゆる心理セラピー
「冷え性とことん改善ワークショップ」


お灸と心理セラピーを使ってココロとカラダをつなげていく3時間半。
つらい冷え性を楽にしていきませんか?
少人数制で行う体験型のワークショップですので
初めての方でも、どうぞお気軽にいらしてください。

前回の開催レポートはこちら
参加者の声はこちら

Photo
冷え性改善の要「腎」を補う漢方茶と
温め力抜群の 「しょうが紅茶」もご用意しております^^


■開催日: 2010年12月23日(祝) 13:30~17:00 
                  *sold out thank you!
■会  場: Health&Healing center 樂庵
■参加費: 5,000円

*今回も男性からのお問い合わせをいただいてしまったのですが・・・
本当にごめんなさい、女性限定です、来年こそは男性版のワークショップも
開催していきますので(前の報告でこう書きましたら本当に男性セラピストと知り合えました!)
ぜひとも、その機会にはお知らせさせてくださいね


■お申し込み
http://medicalyuuki.com/therapy.html

直前の参加表明OKですが、人数把握のため、お申し込みだけお願いします。
メッセージ欄に「12月23日冷え性改善講座参加希望」とお書きくださいね。

 


月に1度のゆるゆるなお楽しみ時間♪

12月度ボランティアセラピー
「Hello!☆2011年 らくあんの忘年会」

■開催日: 2010年12月26日(日)⇒29日(水)に変更になりました 14:00~夕方ころ
■会  場: Health&Healing center 樂庵
■参加費: 無料 持ち寄り1品制です

じつは、ありがたいことに満席御礼!なのですが
今回は忘年会がメインなので、いつものセミナースペースの
隣の和室も解放することにしました。
あと2~3名でしたら余裕があります。

*お知らせ
今月は手作り料理を持ち寄ろう!と企画中です。
樂庵からは大阪風お好み焼きをご提供する予定です。
キッチンも完備しておりますので、その場での料理も大歓迎♪
(料理が苦手な方は、手作りでなくてもOKです^^)

■ボランティアセラピーの主旨や参加方法はこちら
http://medicalyuuki.com/volunteer.html

■お申し込み
http://medicalyuuki.com/contact.html

直前の参加表明OKですが、人数把握のため、お申し込みだけお願いします。
メッセージ欄に「12月26日ボランティアセラピー参加希望」とお書きくださいね

|

2010/11/25

糟谷晴子さんに会いたくて3 seeds of love

Photo2
垂水区役所HPより明石海峡大橋。今回のKANSAIツアーでは4回も渡りました^^


4月にハルちゃんにお会いした後、
ハルちゃんが開発に携わっているフラワーエッセンスを樂庵で導入するために
まとめて宅急便で送っていただきました。
お茶会のときの、ハルちゃんのあまりにもの真摯な在り方に
わたしができることで、何か応援したいなぁと思ったのでした。

ところが、梱包を解くと、エッセンスとダンボールの隙間に
みっちりと「プレゼント」が同包されているのです。
そのすべてがユニセフをはじめとする、寄付につながるもの!
中にはわたしが「買うのを忘れていた!」と話していたCDまで入っていました。
(ヒーラーってこんなことまで分かるのでしょうか!!^^;)

応援するどころか、完全にやられましたね・・・

Photo_7
みつばち+バッジフラワーレメディ+金粉でつくられたbee essence

Photo_9
ハルちゃんプロデュースのエコバック。売り上げは寄付へ


「愛が大切」、「世界の平和が大切」

それは誰もが思うことなのですが、実践するとなると話は違います。

プレゼントと手書きのお手紙を前にして、
「ここまでされて、心が動かないわけが、結果が出ないわけがないよなぁ
生き方が徹底している。すごい人だ・・・」と唸ってしまいました。



そんな思い出もあり、
11月にハルちゃんお茶会が再び開催されると知ったときは
「後から調整すればいい」とスケジュールも見ずに、即座に申し込みをしました。
新幹線に乗ってでも、神戸まで行ってでも「会いたい」と思わせてしまう人間力。
これからの癒し手に必要なのは、技術はもちろんですが
それ以上に大切なのは「人間力」なのかもしれません。

わたしがseeds of loveのミュウさんから、ハルちゃんから一番学んだのはここです。

今回、不思議だったのは、
「絶対に行こう!」と先に意図を明確にすると
その後から、ここ一連の社会起業家塾の参加が決まるなど
新しい流れがつくられていったことです。
何をするにも、ホントの本音の自分の思いのままでいいのかもしれません。


お茶会当日は、「ソウルメイト」というゴスペルグループの歌もありました。
もともとはお茶会に参加していたメンバーで、
少しずつ自信を積み重ね、この日の披露となりました^^

間近で聴くゴスペルは、迫力満点!!
とくにリーダーの女性は、身内の闘病の真っ最中で、
その中でも、みなに楽しんでもらおうと歌う姿は慈愛に満ち溢れ、
それが参加者の心にまっすぐに届き、みんな涙、涙、涙・・・


ハルちゃんの話で印象に残っているのは

「コミュニケーションは勇気がいる」

「みんな愛の人生を送りたいと思い始めている。
 でも、めっちゃ死ぬほど苦しむのは嫌やねん。
 そこやねん、みんな同じところで止まっているねん」

「やり続けたら、必ずキーパーソンが出てくる。
 そのキーパーソンが広めていくのが方程式やねん。
 それはどんな形で出会うかわからない。
 その人に出会うまで、どんな仕事でも、手抜きしないのが大事やねん。
 500円の仕事だったら手抜きするという人に、10万円の仕事は絶対に来ない」

本当にやりたいことを、自分も周りも幸せにしながら気持ちよくやっていくには?
新しい信念とは? 新しいリーダー像とは?
わたしに必要なたくさんのキーワードを発見できました。
自分の真実の道、ミッションの見つけ方など、
面白いワークも教えていただきましたのでまたシェアしますね。


こんな素敵な場を提供し続けているミュウさん、本当にありがとうございました^^
光のツアー業務もがんばりましょう(笑)


気づいたあとは行動です。
2011年の樂庵計画にもしっかり盛り込んで行きたいと思いますので
どうぞお楽しみにしていてくださいね^^

|

糟谷晴子さんに会いたくて2 seeds of love

Photo_2
seeds of loveは、こんな細い路地を入っていきます(一番奥に見えるのが海)
隠れ家とはこのこと! サロンに行くまでにワクワク気分が高まります^^



ハルちゃんこと糟谷晴子さんは
元NASAの科学者で、現在世界的に著名なヒーラーである
バーバラブレナンの教え子で
アメリカで何年もエネルギーヒーリングの研究を重ねてこられた方とのこと。
たとえばがんなら、がんが発する特有の周波数に合わせた
エネルギーを流して改善に導く、職人のようなヒーラーです。

肩書きはともかく、
ミュウさんが推薦された人ということで登場を待っていたのですが、
現れたのは、金髪に近い茶髪のロングヘア、
腕にはジャラジャラとブレスレット、
その上、ガムをくちゃくちゃと噛みながら
「あー、五十肩が痛いわー」と話すお姉さまだったのです!!

天使系の♪ふわふわの♪キラキラの♪を想像していたわたしは目を疑いました(笑)


実際のルックスは違うのですが、そのたたずまいは
映画『ゴースト』で出てきた、ウーピーゴールドバーグ演じる霊媒師

Photo_4

もしくは『天使にラブソングを』のシスター

8741

とでもいいましょうか、
とにかく日本ではあまりいないタイプの方かもしれません。


その上、トークがめちゃくちゃ面白いのです。
何度笑いすぎて、こっそり涙を流したでしょう(周りは誰も笑っていないのですが・・・)
わたしの中の「ヒーラー像」がガラガラと崩れてゆきました。

肝心の当日の内容は、ほとんど個人情報なので書けないのが残念ですが
ハルちゃんが、本気を出し切っている姿が
「ここに来た人は絶対に幸せの方向に導く!」という気迫が
強烈に印象に残り、それは「愛」というしか形容しがたく
その思いに共鳴して、また涙が溢れてしまうのです。
(今、書いてて思い出すだけでも泣けてきます)


こんな人になりたいなぁ
こんな場所をつくりたいなぁ、
心からそう感じました。
樂庵はNYCの宿などの影響を強く受けていますが
間違いなくミュウさんのseeds of loveにも、ハルちゃんにも影響を受けました。


このお茶会前後の様子をミュウさんがブログにまとめておられます。
わたしのこともたくさん出てきて恥ずかしいのですが^^;貼っておきます。

光のネットワーク つながる。つながる。その1
つながる。つながる(2)
つながる。つながる(3-1)
やっとおしまい。

|

糟谷晴子さんに会いたくて seeds of love

Photo
神戸・垂水にある、わたしにとっては伝説のサロン『seeds of love』


社会起業家としての淡路島でのインターンシップ体験
同じく、現在、男女共同参画センターでインターンシップ実践中の日々ですが
なかなか筆が進みません^^;

しかしながら昨日、男女共同参画センターで広報を担う方から
「情報はスピードが命! 完成度を求めるよりもスピードをとっています」とお話いただき
公的機関でさえもそうしているのだ・・・と衝撃を受けました。

意識をちょっと変えてみようと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


じつはこの記事は春から書きたかったのです(笑)

わたしには、2年前からずっとお会いしたいなぁと思っていた方がいました。
神戸は垂水で、『seeds of love』という
古い町家を解放した癒しのスペースを提供されているミュウさんです。

とても率直で読み応えがあるブログを書かれていて
親、兄弟、配偶者ともに「医師」に囲まれているミュウさんですが
こともあろうかスピリチュアルに目覚めてしまった・・・(笑)
その後のいろんな癒し体験で得た知識や智慧を惜しげもなく公開していらっしゃいます。
ぜひご一読してみてください^^


でも本当に惹かれたのは、
そうした癒し手をみなに紹介してつなげていきたいという思い、でした。

当時、わたしは開業前でしたが
これからやっていきたい世界のモデルのような気がする・・・
わたしだけではなく、癒し業界全体を変えていきそうな気がする・・・
そう直感してなりませんでした。


ある日、わたしのメンターである、
おのころ心平先生に、同じ関西なのでご存じかもしれないと
ミュウさんの話をすると、なんと奥様と友人であることがわかりました。
さらに、「おのころつながりやとメールしてみ~」と言うのです。

「ええーっ、いきなり直メール!? 見ず知らずの人間から
『会ってみたい』と言われたら怖いでしょう、先生どうか紹介を・・・^^;」と
頭では思いながらも、さっそく書いているわたしがいました。


すると、ミュウさんから即、絵文字満載で
「超うれしいよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」と返事をいただき、
(※注 ミュウさんは大人の女性、かつ才女です)
座っていた椅子から落ちそうなほど、安堵しました。
昨年の12月のことでした。


いつ会うのか?

「たくさん会わせたい人がいるけど、4月のお茶会ゲストの
ハルちゃんは半年に1回だからオススメかな?」ということで
ミュウさんに会えるのなら何でもよかった(笑)わたしは
4月に関西ツアーを組みました。

前日に、ミュウさんの親友、アロマセラピスでもあり書家でもある
久谷敦子さんとのドライブに、急遽わたしも同乗させていただくことに。
初めてお会いするのに、5分も経たないうちに10年来の知り合いかのようなノリになり、
なんて心地いいんだろうと、この感じは何なんだろうと不思議でした。
(今思うと、お二人のお人柄ゆえですね^^)

その日はひどい嵐でしたが、まったく気にすることなく
スピリチュアルカフェ、和寛さんとの面談・食事、観光と
兵庫県内をたっぷり満喫。

ミュウさんにも会えたし、この時点で満足しきっていたわたしは
近場の有馬温泉に行ったらいいんじゃないかしらと
温泉大好きな血が騒ぎ出したのですが(笑)
「何を言ってるの~! 明日がメイン♪」とミュウさん。


翌日、垂水のゆったりとした海辺をぽくぽくと歩きながら
癒しの家のゲストで呼ばれるような方だから、
きっと天使のような、キラキラふわふわとした女性なんだろうなぁ

などと、気軽に想像していたのですが、
ハルちゃんこと糟谷晴子さんは、その予想を吹き飛ばす方なのでした。

|

2010/11/22

お笑いチャネラー・・・ 11月度ボランティアセラピーレポート

Pai
焼きたて抹茶味のアップルパイ(不思議な組み合わせ、美味!)をいただきます


11月度、ボランティアセラピー☆
『直感・インスピレーション』


月に1回のゆるゆるグループワーク、
先週末に無事終了いたしました。
お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました^^

今回は、敬愛するhapunaのオーナー、malieさんのブログでの
ボランティアセラピー紹介記事を読んで、関心をもってくださったゲストが。
こうして少しずつ輪が広がってゆくことをしみじみうれしく思いました。
(malieさんホントにありがとうございます)

いつか同じ志をもった仲間が、各地で活動できるとよいなぁと感じています^^


さてさて、今回のテーマは「直感」。
女子の大好きな分野ということもあるのでしょうか、
14時から21時まで、しゃべり通しでした。
お酒も入らずに、です!
女性は「話す」ことで、エネルギーが湧き出すのだなぁとあらためて感じました。

Card

直感力がつくと、日常のさまざまなことが
シンプルにスムーズに流れやすくなるように、わたし自身は感じています。

その直観力をどう今回は楽しんでいこうか。
アイディアをめぐらし、各自、好きな直感グッズを持ち寄っていただくようお願いしました。

まず一人選んで、その人に悩みやテーマをシェアしていただき
それを全員で直感を使ってメッセージを伝える、というメニューを思いつきました。
この進行を考えているときからワクワクしました。

当日集まったカード8種類。
相談者をじゃんけんで選ぶのか、カードで選ぶのか
(順番ではなく勝った人なら何度でも。みんな選ばれたい^^)でかなりエキサイト!

また、はじまってからは直感で発言するメッセージ&アドバイスが
それぞれ個性がありながらも、的を射て素晴らしいのです。
「今日はじめてみるカードで、解説書は読まず、ノーヒントで」など
設定を変えてみましたが、それでもぶれることはありませんでした。

人間の直観力は侮れません。

ゲーム感覚を交えつつ、
自分の深い部分の悩みも自然に分かち合いつつ
有意義な時間となりました。

Photo
食べながら、笑いながら・・・みなさん美味しい一品をありがとう!

Photo_2
今回、ひらめいてパイシチューに初挑戦してみました^^


いったん〆たあと、さらにGirls Talkになり
それぞれの本質、才能をお互いに言い合ったのですが
みなさんがわたしに与えてくださった称号は・・・
「お笑いチャネラー」でした

お、お笑いチャネラー?
・・・お笑いチャネラー・・・
・・・・・・お笑いチャネラー・・・.

「お笑い」も「チャネラー」もわたしにとってはたいへん微妙だったらしく
表情が一瞬で曇ったとのこと。
「そんなはずはない!!」と反論すると、
「だったら聞くな!!」と一同ブーイング。
そりゃそうですね(笑)


そんなぶっちゃけトークも、初参加でもきっとできるボランティアセラピー

次回は、暮れも大詰めの
12月26日(日)開催! 
「hello!!☆2011年 樂庵で忘年会」 *あと2席です


このブログを読んでくださっているあなたに
お会いできることを心から楽しみにしております^^


樂庵 かなざわ

|

2010/11/21

Bone dance 体操♪

2_3
国内でもレアな、エチオピアン・ダンサーのアイニー^^



今日は自然治癒力学校の仲間、アイニーの「初」ワークショップデビューでした。
『Bone dance 体操』という自分で創作した体操。

オリジナルメソッドだという話は聞いていたし、
さわりだけは見せていただいたこともあるのだけれど
ライブはやはり違った!


ベースはエチオピアの民族舞踏。

今日はゲストからのリクエストで、
特別に本場のエチオピアン・ダンスも見せていただきましたが、
いつものアイニーからは想像がつかない激しい動きで、
また、普段まったく接点のないジャンルということもあり、
見入ってしまいました。

地から湧き上がる力強いリズム
踊ることが好きで好きでたまらないんだなぁと感じさせるbig smile!
本当に輝いていました。

このエチオピアン・ダンスのエッセンスをぎゅぎゅっと濃縮し、
いつでも、どこでも、誰にでもできるよう構築したのが、
Bone dance体操というわけです。

体操としての効果も、ごくごく簡単な動きなのに、
体幹部を温める即効性が。
おそらくインナーマッスルが思いのほか刺激されるのだと思いますが、
ちょっとした不調なら、これでほぼ治ってしまうだろうなぁと感じました。

実際、わたしは、今日、肩こりが気になっていたのですが、
ワークの半ばには、楽になっていました。

Photo
会場の窓から見えた、見事な銀杏。

Hari
上野の街中に突如現れる「和」な会場もとても情緒があり素敵でした。

Photo_2
「和のハーブ」を・・・と桜茶を。すべてに真心が感じられる心憎い演出でした^^


12月11日、今日と同じ上野にて
1月30日には、市谷にて
シリーズのワークショップが開催されます。

アイニーのBone dance体操、
・・・今後、大ばけする可能性大ですので(笑)
その前に、ぜひ体験してみてくださいね。


----------------------------------------------------------------

リクエストにお答えして開催決定^^

shine「東洋医学」×「心理学」であたため力をつける!
  冷え性とことん改善ワークショップshine

 flag開催日: 2010年12月23日(祝) 13:30~17:00 
                  *あと2名です
 flag会  場: Health&Healing center 樂庵
 moneybag参加費: 5000円

  前回の開催レポートはこちら
 お申し込みは ⇒ こちら   
 
------------------------------------------------------------------

shine12月度 ボランティアセラピー
  「Hello!!☆2011年~樂庵の忘年会」shine

 flag開催日: 2010年12月26日(日) 14:00~夕方ころ
                 *あと2名です
  flag会  場: Health&Healing center 樂庵
 moneybag参加費: 無料 持ち寄り1品制です

 詳細は ⇒ こちら
 お申し込みは ⇒ こちら

------------------------------------------------------------------

|

2010/11/09

寿町とヨコハマ経済新聞

社会起業家という生き方 
社会起業家という生き方 
社会起業家という生き方 


みんなが岡部さん、岡部さんっていうけど
いったい何をしている人なんだろう?

日に日にわたしの疑問は募っていきました。
そしてある日「あの人が岡部さんだよ」と
参加者の一人から教えてもらいました。


「あれ? さっきいっしょに恥ずかしそうしていた人!?」
(なぜなら、いずれ披露するときのためにとみな路上で実演し始めたのです。
わたしと岡部さんはさすがにできない……^^; と見守る側に)


急に親近感が湧きました。
こんな若い、今時の青年が、この集団を統括しているの!?
なんでそんなことしようと思ったの?
どうして大学機関まで関わっているの?
そもそも寿町って……
興味が尽きませんでした。


「ヨコハマホステルビレッジ」という名の宿を
寿町で経営していると聞きました。

日雇い労働者のドヤ街、寿町。
ところが近年は高齢化が進み、
日払いの簡易宿泊所の「空き部屋」がどんどんふえている。
スラム化する前に、
ここをバックパッカー向けの宿として使おう。
若者が集う街に変えていこう。

寿町を DOYAからYADOに変える というコンセプト。

……かっこいい。
……おもしろい。
なんなの、その発想!



わたしは前職がマスコミだったので、いろんな人にあってきたつもりでしたが
久しぶりに「悔しい!」と感じるくらい(笑)、心に響きました。


このような岡部さんの仕事、つまり
社会的な問題を解決しながら、ビジネスにする。
それを社会的起業家ということを
このとき初めてしりました。


そして、やっと、
わたしがずっとやりたかったことはこれかもしれない・・・と気づいたのです。

ボランティアだけでは続けていくことが出来ない。
利益を追求するだけでは仕事をする意味がない。
社会のために役立つことをしながら、
自分自身も豊かになっていく。

これがわたしにとっての働く意味だと感じていたようです。


その後、「横濱をもっと深く知る旅」の中で、
ヨコハマ経済新聞編集長の杉浦さんと出会いましたが
杉浦さんからの発信で、
内閣府の事業で、社会起業家を育成する塾が
塾生を公募していると知りました。


当時、自然治癒力学校の大きな講演会準備の真っ最中で
とてもそれ以外のことをする時間はありませんでしたが、
奇しくも公募を知ることになる直前、
スタッフ業務から手をひくことにしたばかりでした。


公募を知ったのは締め切りの前日。
何をするのかを確認する間もないまま
エントリーをしているわたしがいました。


~つづく~

|

慶應大学チームと岡部友彦さんとの出会い

社会起業家という生き方 
社会起業家という生き方 


なんだかんだ言いながら、「んだ、んだ、んだ」のリズムと
自由な雰囲気に魅了されたわたしは
ちょうどその集まりが、樂庵定休日の火曜日開催ということもあり
都合がつく限り通うようになりました。

夜な夜な、白熱した時間をみなで過ごしながら、
少しずつ状況がのみこめて来ました。

作詞作曲担当の不思議な男性と
集会の後にスープをつくってくれる女性が
慶應大学法学部の教授であることを知りました。

そして会場近くの立地、寿町というドヤ街の住民の方も参加。
先ほどの女性といっしょに毎回料理を振舞ってくれていることを知りました。

さらに、やけに熱心に踊っているなぁと感じていたみなさんは
著名なプロダンサーの方だと知りました。


・・・じつは錚々たるメンバーで構成されていたのです。


***


寿町といえば、わたしは横浜に来た当初、
「絶対に入ってはいけない場所」ときつく言われていました。
一度だけ、自転車で迷い込んだことがあるのですが、
この一角だけ「昭和」のまま時間が止まったような、灰色の寂れた町並みで、
昼間から立ち飲み屋がにぎわっていました。

地元住民からはいまだに「危険地帯」という認識をされています。


それにしても、大学教授と寿町のおじさんとダンサーがなぜいっしょに?
ときには慶應の音楽の先生まで参加し、
幼児用のおもちゃのピアノでがんがんメロディを奏でます。
(さすが本職で、こんな楽器でもしびれるほどカッコいい!)


ここから1分足らずの場所にわたしは住んでいたのに
こんな世界が広がっているとは想像だにしなかったわけです。
地域住民の方はいまだに知らないかもしれません。


でも、現実に存在している。
この摩訶不思議な感覚、異次元空間。


この空間=かどべやのキーパーソンが岡部友彦さんでした。


~つづく~

|

サレンダーと「んだんだんだ」

社会起業家という生き方 


10月23日からはじまった、内閣府管轄の社会起業家塾、
かなりハードな前半を今日終えました。

前回、不思議としかいいようのないご縁で参加したところまで書きました。
その不思議の発端は、今年の夏に関西で行われた
これまた濃いいとしかいいようのないヒーリングワークでした。

ここでわたしは「サレンダー」というキーワードにたどり着きます。
サレンダーとは
「自分の今までのやり方を手放し、自分の生まれてきた目的にいよいよ自分を明け渡す」
という意味合いが含まれます。

よくよく考えると恐ろしい言葉なのですが(笑)
このときのわたしは、「やってみよう」と腹の底からストンと落ちる感覚を味わいました。
(心理学的にはこの状態をコミットメントといいます)


コミットして感じたのは、わたしは「ヨコハマが大好き!」というけれども
グルメスポットやおしゃれな観光地しか知らないのではないかという事実。
これはこれで、お客様には喜んでいただいていたのですが、
もっと深く「横濱」を知りたいと思うようになったのです。

そもそもご近所づきあいが薄いじゃないかー!
近隣の方と積極的に関わっていこうと、
引きこもり大好きな自分からは考えられない行動を起こし始めました。


すると……、やはり……、出会うんですね^^;
樂庵から歩いて1分足らずのところに、いつの間にか
ガラス張りの小さなレンタルスペースができていたのです。

「へぇ~」と思いながらうかがってみると、参加自由、参加費無料とある。
いったい何をしてるのかどうにも気になり、
その日に来てくださったお客様を道連れに、いや、お誘いして(笑)
とうとう門を叩いてみることにしました。


中に入ってみると
自作の東北弁の歌詞と「んだ、んだ、んだ、んだ、んだ(※注 延々……)」という
一度聴くと、2、3日は忘れられそうもない強烈なリズムに合わせて
踊りをつくっているではありませんか。


さらに、初めて参加したわたしたちをまったく気にすることなく
「ここどうしたらいいと思う?」とたずねてこられます。

「そんなもんわかるはずないがな!!(汗)」と思いながら
辺りを見渡すと、NHKのテレビカメラが入っています。


いったい、どうなってるの!?
その日は興奮さめやらぬ夜を過ごしました。


~つづく~

|

2010/11/07

11月度ボランティアセラピー参加の方へお知らせ

Photo


11月度ボランティアセラピー
『直感・インスピレーションflair


■日 時 : 11月21日(日) 14:00~夕方ごろまで。出入り自由!


■内 容
11月の大きなテーマは「直感」にフォーカスしたいと思います。
直感を活かすと、日常生活がスムーズに流れやすくなります。
誰にでも備わっている力=直観力を高めたいと感じている方には、おすすめの回です。

flair【ご連絡】
ふだん自分が使っている「カード」などの直感グッズがあればぜひお持ちください。
樂庵からの「食べ物1品」はおかず系になる予定です^^
昼食は「かるめ」でおねがいしますねー


お互いがお互いを癒す場に、それがボランティアセラピーの主旨です。
参加費は無料、「食べるもの」何か1品をお持ちくださいね、
毎回、みんなでわいわいいいながら味わっています^^


■ボランティアセラピーの主旨や参加方法はこちら

http://medicalyuuki.com/volunteer.html

■お申し込み
http://medicalyuuki.com/contact.html

直前の参加表明OKですが、人数把握のため、お申し込みだげお願いします。
メッセージ欄に「11月21日ボランティアセラピー参加希望」とお書きくださいね。


(※HPより転載/2010.1.6記載分)

2010年は、樂庵をオープンにしてボランティアセラピーを行う
お気軽♪茶話会をスタートします。

セルフセラピーをいっしょにする「セラピーの茶話会」
お灸を使って健康づくりをする「もぐさの茶話会」などなど
誰でも自由に出入りできる企画を進行中です。

参加費は無料!
その代わり、ひとつだけ用意していただきたいものがあります。
それは……?
みんなでシェアできる「食べ物」を1人1品、持ち寄っていただくこと!

手作りでも、コンビニのお菓子でもなんでも構いません。
「みんなと食べたいな」と思うものを、
あなたが自由に選んで、どうぞ持ち寄ってくださいね。


今日は元気になりたいな
ちょっと気分転換したいな
誰かと話したいな

そんなとき、気楽にふらりと立ち寄れる『場』をつくりたい。
これは2001年のとある出会いから、ずっとあたためてきた構想です。

わいわいお茶をのみながら……
しゃべりながら……
忙しい毎日だけど、
少しだけ立ち止まって、自分にセラピーする。

そんな『場』を提供してみたいと思っています。



ココロとカラダを見つめる時間をもつことで、
まずは、来てくださった方が自分にエネルギーを充電する。
そして、やがて、身近な人を元気づけられる自分になっていく。
そんなエネルギーの循環ができたら素敵だなと感じます。

いつでも気軽にお越しくださいね、心からお待ちしております。


●日程
開催前月までにHP上にてインフォメーション。
※2010年度は1ヵ月に1回開催予定です。

●場所
基本は樂庵で行いますが、ご希望があれば出張も行います。

●参加条件
参加費無料。1人1品持ち寄り制
空きがあれば、当日参加もOK。
来てくださる方が1名でもいらっしゃれば行います^^
参加者同士がコミュニケーションしやすいよう、
最大は6名までとさせていただきます。

●その他
趣旨に賛同してくださるセラピストの方や
お手伝いしてもいいよーという方がいらしたら
ぜひお声をかけてくださいね。
いっしょに作り上げていきましょう♪

|

2010/11/04

11/3『冷え性とことん改善ワークショップ』レポート

Photo
レッスンの合間にみんなで味わった、ばんどう紅茶園の『生姜紅茶』。
その場ですりおろした生姜を加えて、さらに「あたため力」アップ♪



11月3日(祝)
『東洋医学×心理学であたため力spaをつける!
冷え性とことん改善ワークショップ

無事終了いたしました。
遠いところ、またお休みのところ、
樂庵まできてくださったみなさん、本当にありがとうございました。


10月31日(日)自然治癒力学校オープンセミナーも盛況で終えることができました。
重ねて御礼申し上げます(この話はまたゆっくりと^^)

明けて3日後、今度は自分がトレーナーとなる講座でした。
当日の朝5時にテキスト「冷え性tora no maki(虎の巻)」を書き終え、
一眠り・・・電話の呼び出し音で目覚めると、なんと、おのころ心平先生からでした。

今回のワークショップは、自然治癒力学校の取り組みの一環で
かつ、東京開催のトップバッターということもあり、
生徒たちの行く末を気にかけておられたようです。
同じ講師仲間からも「応援しているよ!」メールをいただきました。

フリーランスの時代も含め、自由もあるけれども、
全部自分の責任という世界で生きてきたわたしにとっては
組織のありがたさをしみじみ感じました。

Photo

さて今回のテーマは「冷え性改善」、いろいろ工夫をこらしてみました。

まずはバディ決め。
心理ワークとお灸実技で、いわばココロもカラダも(笑)
開示しあった今回、きっとご縁があるペアになったかと思います^^


第1部はレクチャー編
現代医学、東洋医学、ホリスティック医学と、ひろい視点から冷え性をみて、
自分の冷えはどの要素からくるものなのかを考えていきました。
そして、日常の中でできる冷え性対策を6つご紹介。
「えー、知らなかった!」「今後の仕事にも生かせそう」とみなさんリアクション名人で
この時点でたいへん講師冥利につきました(笑)
中でも冷え性をあたためる順番が好評でした。


第2部は心理ワーク編
バディと「あなたの冷え性のココロ」を
おのころ心平先生直伝の『症状マインドマップ』でじっくり掘り下げるワークを。
自然治癒力学校メンバーのアイニーつるちゃんも参加してくれていたので
マップがはじめてのメンバーも、安心してお任せすることができました^^

マップはいわば自己問診。
思いがけず、自分の深いところに入ってゆきます。
「リラックスできてるときは絶対冷えないんだよ~」
「自由じゃない、と思うとぎゅっと固まって冷える」
「うわぁ、そこ!?」
「これじゃあ冷えてもしかたなかったよね・・・」などなど
冷えからのメッセージが、あちらこちらから。

マップを終えた後はお互いにシェアしながら一休み。
共感しあうことで気づきがより深化する、
グループセラピーを取り入れた何よりの理由です。

Photo_3
冷えの鍵を握るのは、東洋医学では「腎=水」と考えます。
腎にちなんだ漢方茶をのんでいっぷくjapanesetea



第3部は実技ワーク編
実際にお灸を使って、冷えのココロを癒し、
「あたため力」をアップさせようという試みです。

Photo_4
「あれ? 全然熱を感じないよ~!?」という人もいれば

Photo_5
お灸を置く前からすでに「あちっ、あちっ!!」という人まで様々

20101103172132
こちらはふんわりあたたかい棒灸。

Dougu_2
今回はだれにでも扱える、間接灸を使いました。
手前の木の小槌は、棒灸の道具の一種。
なんとお客さまが「なんとなく必要な気がして探し出してきた・・・」と持参!
熱がりチームにも好評でした。


ふと視線をむけると
お灸を横一直線に並べるペアだったりcoldsweats01
バディのカラダの上に馬乗りになってお灸するペアだったりcoldsweats02
普段の治療室や鍼灸師の勉強会では想定外の行動に本気で「びっくり!」しましたが(笑)
わたしのパニックぷりにみんなが爆笑する、なんとも愉快なワークになりました。


第1部から第3部を通して印象的だったのが
みなさん、何度もトイレに行かれていたこと。
冷え性改善の「自然治癒力のスイッチ」が押されたのかもしれません。


アタマとココロとカラダをミックスして使っていくと、
ゆるゆるといつの間にか、
冷え性改善テクニックが身につくように感じました。
これをすべて治療室で一度にお伝えするのは難しい。
わたしにとっても大きな発見でした。

みなさんのお陰で自然治癒力アップの
新境地を開けてうれしかったです!


冬季は定期的に行っていく予定ですので
「おもしろそう!」と感じられたら、お気軽にお越しくださいね^^


今回、男性からのお問い合わせも4度もいただき
(ふだんの乙女~なワークショップではないことです)
泣く泣くお断りしてしまいましたが、今後は男性セラピストを仲間にして
男性版ワークショップもゆくゆくは開催していきたいと思っておりますので
もう少しだけお待ちくださいねm(_ _)m

Photo_6


アイニー、つるちゃんのワークショップも開催されます!

Photo_aynalem1_2 shineアイニー 
2010年11月20日(土) 
東京・上野/寺子屋fit!にて
『超美人OLアイニーの開運ボディワーク』



Photo_tsuru_chan1_2 shineつるちゃん 
2010年12月15日(水) 
神奈川県・川崎市振興産業会館内2階 カフェマイムにて  
『更年期障害ワークショップ』



----------------------------------------------------------------

shine「東洋医学」×「心理学」であたため力をつける!
  冷え性とことん改善ワークショップshine

 flag開催日: 2010年11月7日(日)   13:30~17:00 
  flag会  場: Health&Healing center 樂庵
 moneybag参加費: 5000円

  詳細はこちら、もしくはこちら
 お申し込みは ⇒ こちら   
 
------------------------------------------------------------------

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »