« 樂庵のメニューを受けるには? | トップページ | 10月度ボランティアセラピーのお知らせ »

2010/09/08

11月3日 『冷え性とことん改善ワークショップ』開催

Photo
この「もこもこ」は何でしょう^^


今日は新月。
この雨を境に秋が深まっていきそうですね。

ちょっと先になりますが、11月に開催するワークショップの内容を逸早くお届けいたします。
かーなりお得な盛りだくさんの内容になる予定ですので
ぜひ当日、あけておいてくださいね^^


このワークショップは、わたしが所属する自然治癒力学校の取り組みで、
今回は、わたしの得意分野のお灸と心理セラピーを使って、
自然治癒力はなんぞや!?に迫ってみたいと思います



***


【ワークショップのご案内】
東洋医学×心理学で「あたため力」をつける
『冷え性とことん改善ワークショップ』



今年の夏は本当に暑かったですね。
8月の平均気温は、ここ113年の中で一番高かったとか!
暑さをしのぐため、クーラー三昧の日々だった方も多いのではないでしょうか。

このクーラによる「夏冷え」のツケが現れるのが、じつは冬になってから。
「手足が寒くて眠れない」「腰周りがまるでぬれタオルを巻いているように冷える」、
こうしたわかりやすい症状だけではなく、
脚のむくみがとれない、肌の調子がいまいちといった、
女性に大敵のトラブルを招いたり、
慢性的な腰痛、気持ちが沈みがちになるなど、
困った症状まで引き起こしやすくなります。

そこで、夏のあいだにカラダに溜め込んだ冷えを、
冬がくる前にとことん改善してしまおう! そんなワークショップを企画しました。

東洋医学と心理学をフルに使って、冷えをあらゆる面から改善させていくノウハウを、
たっぷり3時間半、お届けします。


第1部 レクチャー どうやって冷えは進む? 冷えの進行レベルチェック
東洋医学、現代医学、両面からみた「冷え」とは何か
カラダのどの部分に冷えが現れていると、どのくらい冷えが進んでいるのか
さらに日常生活で出来る改善方法をレクチャー。

第2部 ワーク①   症状マインドマップで「あなたの冷えのココロ」を探る
なぜあなたに「冷え」が必要だったのか? 
バディワークでじっくり掘り下げ、「冷えのココロ」を癒していくことで、
症状を改善させる「自然治癒力」のスイッチを押してしまおうという試み。

第3部 ワーク②   冷え体質を改善する、「お灸」テクニックレッスン
現役開業鍼灸師がお届けする、お灸の活用テクニック。
どのツボに、どんな方法でお灸するのが効果的かを、
実際にカラダで体験しながら効果を実感していきます。


休憩時間には、「あなたの冷え」に合わせた漢方茶cafeを淹れますので、
ほっこりとリラックスなさってくださいね。

おうちに帰ってから復習できるよう、
「冷え性改善テキスト」と「お灸10回分」のお土産もご用意。

「あたため力」のある、ココロとカラダをいっしょにつくっていきましょう!

■日時 2010年11月3日(水・祝)
     13:30~17:00
■場所 Health&Healing Center 樂庵 2Fセラピールーム(MAP
■定員 8名さま
■料金 5000円(漢方茶とお灸のお土産つき)
■申し込みはこちら


【講師プロフィール】
かなざわれいこ

心理セラピスト、鍼灸師
1988年、大学在学中から雑誌編集の仕事をはじめ、出版社に入社。医療記事を担当。1999年、フリーランスの医療ライターとして独立。新聞、女性誌、教育誌、書籍の、取材・執筆・プロデュース活動を通じて現代医学を追求。現代医学だけでは治せない症状があることを知り、東洋医学を学ぶために、東洋鍼灸専門学校で学ぶ。体を診ているだけでは癒せない症状があることを知り、心理学、ホリスティック医学を学ぶ。20年間マスコミに籍を置いた後、2009年、樂庵-RAKUAN 心理カウンセリング部門開業。2010年、樂庵-RAKUAN 鍼灸部門開業。横浜の地域性を取り入れながらHealth&Healing centerを運営。

ココロとカラダにゆったりまったり触れていく時間にしたいと感じていますので
タイミングが合う方は、ぜひいらしてくださいね^^

|

« 樂庵のメニューを受けるには? | トップページ | 10月度ボランティアセラピーのお知らせ »

はりきゅう Acupuncture,Moxa」カテゴリの記事