« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/28

思考と現実

P1130096
樂庵のエントランスに育てているバラ=ピエールド・ロンサール。今年は100輪以上咲きました^^

開業する2年前のことです。

将来、樂庵には、ココロかカラダか、なんらかの悩みや挑戦をもった
お客様が来てくださるだろう。

そのとき、少しでもほっとしていただけたら……、と思いバラを植えました。

そして、ご近所の方にも、自然が生み出す癒しになればと
せっせと育てていました。

口に出さなくても思いは伝わるのか
直接、喜びを伝えてくださる方がいます。
わたしも本当にうれしい瞬間です。

でも、今日ポストをみたら、こんな写真が!

Photo

「ん? どこかで見たことのある……」と思ったら、
どなたかが、樂庵のバラを撮影して、
しかもプリントアウトして届けてくださっていたんですね。

思いが伝わってきて、じーんとしました。

どなたかわかりませんが、
この場を借りて、本当にありがとうございます^^

さて、わたしは、開業準備も落ち着き、
視野を広げようと、今日は
精神世界の鉄人トーマイタルさんと
TAWセラピストの牧野内さん主催の座談会に行ってきました。


どちらも、共通していたテーマは
思考(のエネルギーがたまったとき)が現実となる
中心軸は自分である
すべて自分だからこそ、変えていけるダイナミックさがある
ということかもしれません。


この辺りはわたしも、かなり熱く語りたい部分なので(笑)
また折々書いていきますね。

|

2010/05/17

Big LOVE! 大きな愛を持つ人たち

Atusan_2


昨日は、埼玉県川越市(小江戸)にいきました。

鍼灸学生時代に尊敬していた先生が、
初めて学校外で勉強会をもってくださることになり、
みっちり講義と実技を受けてきました。

それにしても、明日から仕事で即使える情報を
惜しげもなく、ほとんど無償奉仕で教えてくださる。

自分で勉強したならば、
体得するのに5年、10年かかる
「コツのコツ」
「違いを生み出す違い」を
こちらが受け止めきれないくらい、
これでもか、これでもかと授けてくださる。

なのに先生は、もっと教えてあげたかったと反省されたという。
わたしたちからお願いして開催した勉強会でしたが
先生自身も、大切に考えてくださっていたことがわかり、
ホントに「有難い」としみじみ感謝しながら帰ってきました。



帰宅してポストを見ると、ものすごく達筆な宛名の封書が。
結婚式の招待状でも、こんな美しい字、ちょっと見ません。

「い、いったい、誰が何の内容!?」と恐る恐る差出人を確認すると
先日の関西ツアーでごいっしょした敦さんからでした。

お礼の葉書を出したので、お返事をくださったのだ^^
とほっと安心して中身を確認したら、

なんと、治療院の屋号、「樂庵」と認めた書が9枚も入っていたのです!

ホントに驚いたときって、言葉が出ませんね^^:
しばし、見入ってしまいました。。。
手書きなので、紙自体からパワーを発しています。
アーティスト特有の、繊細で豊かなエネルギー。
こみあげてくるものがありました。

しかも、今ちょうど看板や広告を作成している時期で
ここ最近、ずっと探し回っていた「隷書体」……、
できすぎのタイミングです!

敦さんが書家もされているということは、チラッとお話されていましたが
名刺を交換した瞬間からインスピレーションが沸いてきたそうで、
後日、改めて書き出したら、とまらなくなったとのこと。
どんだけ与えてくださるんだー、とここでも感じたのでした。
本当にありがとうございました! 
最高にうれしいです。


一日に二人も、大きな愛の方に接することができました。
これはもう、遠慮や謙遜している場合などではなく
「本気で愛を受け取って、循環させよ!」というメッセージ
ではないかと感じました。

やはり、
あなたはわたし。
わたしはあなた。
なのです。

どうやって循環させていくか、
ワクワクしながらcreateしていきますね!

|

2010/05/14

6月度 ボランティアセラピーのお知らせ

Photo

今日、10:05に新月を迎えました
意図を放つにはよいタイミング、どうぞ未来をcreateしてくださいね^^


さてさて、先月、はじめて行ったボランティアセラピー、
とても楽しい時間を過ごせました。
可能な限り、今後も月1回行っていきます。

参加者1名様でもいらっしゃれば、真心込めてお迎えいたします!
タイミングが合いましたら、ぜひ、緩みにきてくださいねー。


6月度は、抹茶も楽しめる!?
6月12日(土)開催、『和な
茶話会cafe』です

■日 時
6月12日(土) 14:00~17:00頃まで
※当日の流れによっては延長することもあります。途中入退場、自由にOK。

■内 容
6月は、日本のココロ、茶のココロ。
抹茶をいただきながら、ほっと緩めるひと時を

茶道はどうして今も引き継がれているのか。
堅苦しく思える、作法の中に「癒しのコツ」がありそうです。

当日は、お茶にまつわるエピソードを交えながら、
日常生活の中に癒しを創造していくヒントを見つけられたらいいなと感じます。


もうひとつのテーマは「父の日」の一日前、ということで
お父さんを振り返る時間も、すこし持ちますね。

お父さんがすでに亡くなっている方ももちろんOK
(わたし自身も15年前に亡くしております)

心理的には父性と仕事での活躍はリンクしていると考えられています。
お父さんとの思い出を、お互いにシェアしあいながら、
何らかの気づきが起きるといいな~と感じます。


あなたの参加を心からお待ちしています!


※今回、お茶を立てていただくのは、前回参加者のイトカナ先生です。
お茶に対する考え方がとてもステキだったので
いつかお願いしたいと思っていたところ、快く引き受けてくれました^^

ボランティアセラピーは「お互いがお互いを癒す場」になれば最高にうれしいです。
「わたしのこれって特技かも!?」というものがあれば
ぜひぜひご協力くださいね^^




■ボランティアセラピーの主旨や参加方法はこちら
http://medicalyuuki.com/volunteer.html


■お申し込み
http://medicalyuuki.com/contact.html

直前の参加表明OKですが、人数把握のため、お申し込みだけお願いします。
メッセージ欄に「6月12日ボランティアセラピー参加希望」とお書きくださいね。


(※HPより転載/2010.1.6記載分)

2010年は、樂庵をオープンにしてボランティアセラピーを行う
お気軽♪茶話会をスタートします。

セルフセラピーをいっしょにする「セラピーの茶話会」
お灸を使って健康づくりをする「もぐさの茶話会」などなど
誰でも自由に出入りできる企画を進行中です。

参加費は無料!
その代わり、ひとつだけ用意していただきたいものがあります。
それは……?
みんなでシェアできる「食べ物」を1人1品、持ち寄っていただくこと!


手作りでも、コンビニのお菓子でもなんでも構いません。
「みんなと食べたいな」と思うものを、
あなたが自由に選んで、どうぞ持ち寄ってくださいね。


今日は元気になりたいな
ちょっと気分転換したいな
誰かと話したいな

そんなとき、気楽にふらりと立ち寄れる『場』をつくりたい。
これは2001年のとある出会いから、ずっとあたためてきた構想です。

わいわいお茶をのみながら……
しゃべりながら……
忙しい毎日だけど、
少しだけ立ち止まって、自分にセラピーする。

そんな『場』を提供してみたいと思っています。



ココロとカラダを見つめる時間をもつことで、
まずは、来てくださった方が自分にエネルギーを充電する。
そして、やがて、身近な人を元気づけられる自分になっていく。
そんなエネルギーの循環ができたら素敵だなと感じます。

いつでも気軽にお越しくださいね、心からお待ちしております。


●日程
開催前月までにHP上にてインフォメーション。
※2010年度は1ヵ月に1回開催予定です。

●場所
基本は樂庵で行いますが、ご希望があれば出張も行います。

●参加条件
参加費無料。1人1品持ち寄り制
空きがあれば、当日参加もOK。
来てくださる方が1名でもいらっしゃれば行います^^
参加者同士がコミュニケーションしやすいよう、
最大は6名までとさせていただきます。

●その他
趣旨に賛同してくださるセラピストの方や
お手伝いしてもいいよーという方がいらしたら
ぜひお声をかけてくださいね。
いっしょに作り上げていきましょう♪

|

2010/05/13

はりきゅうの開業申請

Photo

はりきゅうは、「開業後10日以内に届けなければならない」
という法律があり、横浜市南区役所内の保健所に行ってきました。

それにしても訪問先が、食品衛生係とは!
周りはやはり飲食業関係の申請ばかりだったので、
係の方も、どうやるんだったか的な対応で、どきどきしました^^;


カウンセリングで開業したときは、
知識や経験は必要ですが、それ以外は
許可や決められた設備などは必要なく、
自分の世界観で出発できました。

ところが、はりきゅうを開業しようとすると、
面積から、窓の開口部、消毒、広告、業務内容にいたるまで
かなり細かく規制があります。

さらに樂庵の位置から
南区役所までは、電車で3駅
中区役所までは、自転車で数分
という立地であったとしても、何が何でも南区にいかねばならぬというわけです。

この辺の、医療と癒しの関係はいつも変だなーと感じますが^^;
近い将来、ちょうどよい具合に統合されることを祈ります。


とにかく無事にクリアし、公的に認められた施設となりました。
「国民の生活の向上に寄与するための資格」と言われたことを思い出します。
その姿勢を忘れず、新たにスタートしてゆきます^^

樂庵 かなざわ


Photo_2

shibekoから「ライラック」とわたしの好きな「黒蝶」をいただきました。
ライラックの花言葉は「大切な友達」だそう。
いつもセンスがよくて、さりげなく愛があるshibekoです。ホントにありがとー!

【おまけ追伸】
行く先々で面白いもの、楽しいもの、美味しいもの、お得なものを
見つけるのがけっこう特技だったりします^^

今回は、区役所近くの
みうら温泉が大ヒットでした。

ひっそり書いてあるので見逃しそうになりますが、
『ランチ入浴券』として、
11:00~17:00まで天然温泉(加水なし、加温あり、循環)入り放題、
3種類から選べる食事&ドリンクつき、
館内着、バスタオル、タオルつきで1200円という企画が! 
通常、入浴するだけでも700円なので、かなりリーズナブルです。

南区にお越しの際はぜひ^^

|

2010/05/09

ボランティアセラピー レポート

年始から「今年こそやるぞ」と決めていた
『ボランティアセラピー』を本日(5月8日)開催することができました。
きてくださったみなさま、本当にありがとうございました。
スッキリ晴れて、気持ちよかったですねー

ゆるゆるの風通しのよいイベントになるよう
参加申し込みは直前OK、何時に来て何時に帰ってもOKとしたため、
わたし自身、どんな方が来るのか、内容もまーったく未知数でしたが^^:
「その時」のベストメンバーになることだけは
経験上感じていたので、楽しみに準備を進めてきました。


最終的に4名、たまたま鍼灸学校時代に面識のあるメンバーが集ったこともあり、
13時から21時(どんだけ!ですね 笑)まで、本当によく話しました^^

Photo
持ち寄り1品コーナーrestaurant 手づくり(!)カステイラ

まず最初に、ビジョン心理学創始者・チャックスペザーノ制作のカードを使い、
「今日のテーマ」をみていきました。

このカードは、自分の心理を探るきっかけになるようよく考えられていて、
誰が使っても「その時」に必要なメッセージをちゃんと選択します。
無意識の力はすごいですね^^

ちなみに今日は
on 9 リスク Risk (Kさん)
on 42 愛 Love (Aさん)
on 38 美 Beauty (Uさん)
on 2 癒し Healing (わたし)

ひいたときも、それぞれにピンとくるものがありましたが、
終わった今となっては、どんぴしゃ具合に驚きです。

Photo_2
持ち寄り1品コーナーrestaurant ワッフル、ふわふわ~

続いて、わたしが関西で教えていただいたミニワークを。
セラピーの性質上、詳しくは書けないのですが
印象に残ったのが、
「愛とは絶望にいる人や、苦しんでいる人を一人にしない。 ただ、そばにいる
という言葉。

というのも、ボランティアセラピーをやろうと思った
きっかけのひとつ(もうひとつはまた書きますね^^)が、
今から遡ること10年前の、2001年。
孤立無援の環境で、人生最大の苦境にたった時期、
「気軽に話せる場所があったらどんなにいいだろう」
と心の底から切望した経験からでした。

本当にそうなんです。
特別なことは何もしなくても
ただ、そばにいて、好きなように話ができる。
ただ、これだけで心がかるくなる。

ものやお金では埋めきれない空洞や心の重荷があるとき、
それを癒せるものがあるとしたら、愛なのかもしれません。
人間がもつ癒しの力はすごいと感じます。

時間はかかりましたが、
「気軽に話せる場所」をもてた今日、
ゲストからこの言葉を聞けたことが
わたしにとっては、まさに感無量でした。

人生はうまくできています!

Photo_3
持ち寄り1品コーナーrestaurant うす揚げ、柚子こしょう味とは!
もう1品は写真を撮り忘れてしまいましたが
スパムおにぎり&佐藤初女レシピおにぎりでした。


最後は、それぞれの「母親」への思いをシェア。
まったく違う人生なのに、やはりどこか共通する部分があり、
自分の思いは相手のハートに、
相手の思いは自分のハートにつながったように感じます。

母親との関係をまた一歩深めるきっかけになりました^^

みなさまがそれぞれに、すてきな「母の日」を過ごされますように・・・


Photo_6
セラピー編終了後は、学生時代を思い出し、鍼灸治療を。
本当にうれしそうにはりをする姿、安心しきって身を預ける姿、
これぞ「癒し」ですね^^


ボランティアセラピー
不定期にですが、今後もどんどん進化させて開催予定です。
実績を重ねたら、どちらかの施設や団体に訪問に行けたらなぁと思います。


「ココロとカラダの癒し」をベースに
テーマや内容はその都度変わりますが
いつでもお気軽に遊びにきてくださいね、
心からお待ちしております!


樂庵 かなざわ

|

2010/05/03

はり・きゅう部門、本日オープンできました

Photo

2010年5月3日 10:00
樂庵の「はり・きゅう部門」をオープンすることができました。

今まで応援してくださったかた、サポートしてくださったかた、
教えをくださったかた、
どんな形であろうとかかわってくださったかた、
すべてのみなさまのお陰です。

本当に本当にありがとうございました!

前日まで、気を張り詰めてきたせいか、
どうやら臨界点を超えたらしく^^;
ほどよく緊張が抜けて当日を迎えることができました。

鍼灸は1~2年はお客さんがこないのが普通といわれている業界で
わたしもそれを覚悟の上で
(そしてその観念を変えていくんだという思いも)
開業計画したのですが、
「初めての患者さんになりたい!」とYちゃんが
ずいぶん前から予約をくれていました。

それだけでも最高にうれしかったのですが
治療が終わり、フィードバックが終わったときに
なんと「お祝いに」とクリスタルベアを!

しかも、セラピールームのイメージに合わせて
赤のハートを選んでくれたとのこと。

たしかにハートも赤も差し色でよく使っていたんですね。
覚えていてくれたんですねhappy01weep


どれだけ探してくれたんだろう、
心を込めてくれたんだろう……
想像しただけで泣けてきますcrying


いつも自分がやりたいことをやっているので、
それだけでも幸せだと思ってきましたが

こうして、わたしが気づかないところで、
応援してくれている人がいることにあらためて気づくと
本当に励まされました。


「心理×鍼灸」
ワクワクしながら深めます^^

そして、いただいた愛を、これからしっかり循環していけるよう精進していきますね。

Photo_2
はりの道具。けっこう色んなものを使います。
全部「刺さないはり」、決して怖くありません^^;

Photo_4
今夜はこのcatたちとぐっすり寝ますsleepy

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »